あなたはちゃんと水分を摂っていますか?わたしたちは仕事や家事で忙しいあまり、なにかと水分補給を怠りがちです。忙しいとは関係なしに、頻繁にトイレが近くなるのが嫌で水分をあまり摂らない方もおられるでしょう。水分不足が身体に悪いことは誰もが知っていることではありますが、水分不足がむくみの原因となることに関してはあまり知られていないものです。一般的に水分の摂りすぎがむくみの原因として取り沙汰されていますが、水分不足においてもむくみの原因となるのです。

水分不足で身体が水分を溜め込もうとする

わたしたちが十分な水分を摂らず身体の水分が不足した状態となると、身体はこれ以上水分が枯渇した状態とならないよう、必要以上に身体に水分を溜め込もうとします。水分不足は生命の存続をおびやかす状態なので、身体はひとつの防衛本能としてこれ以上水分を逃さないようにするわけですね。必要以上に身体に溜め込まれた水分がどうなるのかというと、当然むくみ症状となってあらわれてきます。つまり水分不足が原因でむくみとなる可能性は十分にあるということです。

少し多めに水分をとっても大してむくまない

水分の過剰摂取がむくみの原因となる話は有名ではありますが、水分を少々多めにとったぐらいでは大してむくんだりはしません。本来わたしたちの身体は摂取した余分な水分を体外へ排出できるようになっています。水をがぶのみするとトイレが近くなるのがまさにそれです。もし少々の水分でむくんでしまうというなら、水分排出機能を担っている腎臓が弱っている可能性が高いです。腎臓が健康的であるなら水分によるむくみにさほど臆病になる必要はないのです。ただ一度に大量に水を飲んだり、常識的な量から逸脱した量の水分を補給していればむくみとなる可能性は十分にあります。

水分不足が身体に与える影響

水分不足で身体に与える影響はむくみだけではありません。水分が不足すると血液がドロドロとなり血流が悪くなり、更に血液量が減少してしまいます。これにより体中の細胞が上手く働けなくなり、老廃物の排出がスムーズに行えなくなったり、体中に酸素が行き渡らなくなったりと、身体のあちこちに支障が出てきます。こうなると肌トラブルが増えたり、疲れやすくなったり、メンタルに不調をきたしたり、代謝が低下したりしてきます。更に日頃から水分不足にある方はあらゆる生活習慣病を発症するリスクが上昇する傾向にあります。水分不足はむくみだけでなく、身体をダメにしてしまう原因となりかねないので、わたしたちは日頃から十分に水分を補給しておく必要があるのです。


writer:サプリ編集部