このほど、中国の動画サイト・陽光寛頻網に、日本の街の風景を紹介した動画が掲載され、その様子にネットユーザーから称賛の声が寄せられている。資料写真。

写真拡大

このほど、中国の動画サイト・陽光寛頻網に、日本の街の風景を紹介した動画が掲載され、その様子にネットユーザーから称賛の声が寄せられている。

動画は、日本を旅行した中国人が都内の商店街近辺を歩きながら撮影したもので、人々や街の様子をテロップで紹介している。中国のネット上では、同様の動画は数多く投稿されていて、この動画も日本の道路の清潔さに言及するなど、お決まりの内容なのだが、ただ一つ目新しいのは、信号待ちをしている自転車の位置について言及していることだ。

撮影者は路地で信号待ちをしている2台の自転車が、横ではなく縦に並んでいる様子を映しながら、「赤信号を待っているところ。2人の位置に注目。すごいですね」と紹介している。ほかの歩行者や自動車の通行を妨げないように、との配慮に感心しているようだ。

この動画は投稿から3日ほどで8万回以上再生され、2500件以上のコメントが付いている。ネットユーザーからは、「中国人なら、3人だろうが4人だろうが横に並ぶ。後ろの人が通れるかどうかなんて気にしない」「法律や罰則ではなく、伝統的な教育でこれをなし得ているのがすごい。中国とは真逆」「いろんな国にいったけど、社会秩序を順守するという点では日本が圧倒的」「死ぬ前に日本にだけは一度行った方がいい」など、高く評価する声が聞かれた。

このほか、「恥が習慣を形成するんだ。日本では列に並ばないと他人から笑われるが、中国ではまじめに列に並ぶと笑われる」「日本人の恐ろしさは経済では西洋に学び、文化では中国の伝統を守り続けていること。中国は経済では西洋に学ばず、自国の伝統文化の真髄は捨て去ってしまった」などと、自国と比較するコメントも少なくなかった。(翻訳・編集/北田)