「デカい牛の デカい内臓」

2017年5月26日(金)から6月7日(水)まで、新宿眼科画廊 スペースM、S、Eにて、飯島モトハル氏による展覧会「デカい牛の デカい内臓」が開催される。“複数人での個展”を掲げ、個の概念を覆すような構造の展覧会。入場無料、木曜休廊、時間は12:00〜20:00で、最終日の6月7日(水)のみ17:00までの開催となる。飯島モトハル氏は、写真家 / 芸術家であるとともにコレクターとしても知られており、これまでにも2016年の「大飯島モトハル 大コレクション展 ホンモノ以外ニセモノですか?」や2017年の「飯島モトハル コレクション展『綺麗なドレス』」といったコレクション展を開催してきた。飯島氏は、“個”は自分の所有物や環境も含めたもので成立すると考え、自身の作品の周辺も自作に取り込んだ制作を行っている。本展も「個人とは、一人の肉体の境界線の内側を指し示すものではなく、歴史や人間関係を含んでいる」という理解のもとで、“複数人からなる作家での個展”としての開催。作品の鑑賞を通して、“曖昧な個の枠組み”に触れられる企画だ。飯島氏による「複数の異なる役割を持つ臓器が一つの生命を形作るように、個は人が思うよりも明確な輪郭を持たない」という姿勢が表現されている。協力作家は、工藤あかり氏 / 名もなき実昌氏 / 藤川さき氏など。■期間:
2017年5月26日(金)〜6月7日(水)

■開催場所:
新宿眼科画廊 スペースM、S、E
東京都新宿区新宿5-18-11

■問い合わせ先:
新宿眼科画廊
tel. 03-5285-8822
url. https://www.gankagarou.com/