なかなか抜け出すことができないモテ女のクセ。人生モテまくってきたのはわかりますが、アラサーともあらばそろそろ第一線から退くべきお年ごろ。20代のノリでモテ女を気取ると周囲から冷たい視線を浴びてしまうかも……。そこで今回は、アラサー美人がやってしまいがちな勘違い言動をまとめてみました。

1. 友だちの彼氏にも女をサクレツさせる

常にモテる存在だったため、他人の視線を気にしてい生きてきたアラサー美人。男性が視界に入ると女性としてのスイッチが自動的にオン。それがたとえ友だちの彼氏や旦那さんであっても、オスとして意識してしまうのが残念過ぎるアラサー美人の特徴です。「彼氏や旦那さんを紹介したくない女友だち」になってしまう日は近いかも!?

2. ここぞ! というときに上目遣い

ここぞというときの必殺「上目遣い」。20代のころはその悩殺ポーズで、男性のハートを射止めてきたアラサー美人ですが、今となっては目の下のクマが目立つのみ。周囲がイラだつ前にお決まりのモテポーズは封印すべきです。

3. 肌見せが女子高生感覚

自分に自信があるのはステキなことですが、ショートパンツやミニスカート+生足、谷間を強調したトップスなど、女子高生感覚な肌見せファッションに周囲はドン引き。また、肌見せは少なくても、レースやふんわりスカートなどぶりっ子路線のファッションもアラサー世代がすると残念な印象になるのがオチ。
いくつになってもオシャレをしたい、という気持ちは大切ですが、アラサーを過ぎても男ウケを意識したモテ女ファッションばかりにとらわれてしまえば、行き着くのは「若作りおばさんファッション」ということをキモに命じておきましょう。

4. 美脚セルフィーを投稿しまくる

美脚なのはわかります、ウエストのくびれも立派です。とはいえ、さんざん投稿される「見て、私のセクシーボディ」セルフィーに、周囲はあきれ顔。アラサー美人の「羨望を集めたい」という強い欲求とは裏腹に、集まっているのは「冷めた視線」のみ。

5. ワンオクターブ高の猫なで声

猫なで声に上目遣いなど、かわいらしいモテポーズが武器になるのは20代まで。一方、アラサーは地に足のついた女性がステキに見える世代。アラサーを過ぎて、ワンオクターブ高な猫なで声を発するのは、全盛期を過ぎた元アイドル(しかも現実逃避している)路線まっしぐら。

6. 若い子と「若さ」で張り合う

若さや容姿のよさへの依存が強いアラサー美人は、若い子と同じ土俵で張り合ってしまいがち。プライドの高さも手伝って、ときには大人げない発言や行動に出ることも。「◯◯歳若く見られること」に対してどんなに努力しようとも、「エイジング」という自然現象に逆らうのは不可能です。容姿だけに頼らず、内面を磨きながら新しいアラサー美人の道を切り開くのが吉といえそう。