米国で人気の転職先企業トップ10

写真拡大

最近は誰もが転職先を探している。勤務期間が5年であろうと5か月であろうと、より良い機会に常に目を光らせている人ばかりだ。グーグルのように、素晴らしい職場として評判が高い超有名企業は、ほぼ全ての求職者にとって転職先の第一志望だ。

ビジネス向け交流サイト「リンクトイン」は昨年2月から1年間にわたり同サイト上で求職者の行動データを集め、米国の求職者に人気の企業50社をランク付けした。本記事ではそのうちのトップ10社を紹介する。(かっこ内は業種と従業員数)

1位 アルファベット(IT・サービス、7万2000人)
2位 アマゾン(インターネット・オンライン小売、34万1400人)
3位 フェイスブック(インターネット・ソーシャルネットワーク、1万7000人)
4位 セールスフォース(インターネット・クラウドサービス、2万5000人)
5位 ウーバー(インターネット・交通サービス、1万2000人)
6位 テスラ(自動車、3万人)
7位 アップル(家庭用電化製品、11万人)
8位 タイムワーナー(エンターテインメント、2万5000人)
9位 ウォルト・ディズニー・カンパニー(エンターテインメント、19万5000人)
10位 コムキャスト NBCユニバーサル(メディアプロダクション、16万人)

最も人気のあった企業は、グーグルの持ち株会社アルファベットだ。カリフォルニア州マウンテンビューに本社を構え、約7万2000人の従業員を抱える。福利厚生と職場環境が素晴らしいと評判だが、採用面接で難問奇問が聞かれることでも知られる。

第2位は、ネット小売・クラウドコンピューティング大手のアマゾンだ。シアトルを拠点とし、34万1400人以上の従業員を抱える。リンクトインによると、米国内のフルタイム職を今後1年半で10万人増やす計画だ。

第3位は交流サイト(SNS)世界最大手のフェイスブックだ。従業員数は約1万7000人。リンクトインによれば、ソフトウエアエンジニアリング、インフラ、機械学習、データ分析、マーケティングの分野で人材発掘を続けている。

ランキングの対象は従業員数500人以上の企業のみ。リンクトインは集計にあたり、各企業の求人情報を閲覧し応募したユーザーの割合、社外のユーザーによる現社員との「つながり」申請数、企業の求人情報ページを閲覧した求職者の数、企業のコンテンツを共有したり投稿に反応したりした数などを考慮した。

リンクトインはまた、各企業での従業員の勤務期間も分析した。同社編集長のダニエル・ロスによると、ランキングトップ5社での平均勤務期間はたったの2年半だった。「人々は、今までになく転職を繰り返している。一つの会社に一定期間しかとどまらないつもりの人は、次の仕事を得るために必要な経験をさせてくれる適切な会社に入社しようとする」とロスは説明している。

ウーバーやアマゾンのように、たとえ職場環境の問題が批判されてきた企業であっても、超人気企業で働けば履歴書に箔が付く。フェイスブックやアルファベット、セールスフォースのような名高い企業で働いた経験があると言えれば、面接では魅力的な人材に映るだろう。トップ企業に勤務することで、従業員は自己のブランド価値を高めることができるのだ。

有名ブランド企業間では常に従業員が循環している。そのためまずはトップ企業に入社すれば、次もトップ企業に転職できる可能性が高まる。グーグルに入社したければ、まずはフェイスブックやウォルト・ディズニー・カンパニーに入社する。そうすればあなたの評判も輝きを増し、最終的に入社を望む会社に強い印象を持ってもらえるだろう、とロスは語る。

優秀な人材が転職にますます積極的になっているのであれば、トップ企業にとって採用活動は今までにも増して複雑になる。適切な人材の確保のためには、採用ポジションに見合った人材を労働市場から探すのではなく、そうした人材がすでに他社(競合を含む)で勤務していると想定する必要がる。

顧客に対して自社ブランドを売り込むように、有名企業は採用候補者に対してもその魅力を強く訴える必要がある。「常に自らを売り込むことが必要だ」とロスは語る。