彼氏はいるけど女友達がいない……そういったことで悩んでいる女子も多いと思います。その理由はどういうところにあって、解決策はどうすべきなのか。見ていきましょう!



女友達は絶対に必要なもの?


友だちがいないことを(あるいは少ないことを)コンプレックスに感じている人が、すごく多いと感じます。
が、それのなにがコンプレックスなのですか? 友だちがいないなら、いないで、いいのではないでしょうか?

自分が相手のことを友だちと思えば友だちです
友だちって、自分が相手のことを友だちと思えば、友だちです。つまり相手が自分のことを友だちと思ってくれているかどうか、なんてことを考えるのは、無駄というか卑しいことなわけです。
あなたが相手のことを友だちと思えると、それでいいのです。そういう人、何人いますか? ということです。
言葉で「あなたはわたしのことを友だちと思ってくれてる? うん、わたしもあなたのことを友だちと思ってるよ」なんて確認しあうことほど、寂しいことはありません。
自分が友だちと思える人がいないことがコンプレックス、ということであれば、もっといろんなところに出かけて、いろんな人と触れ合うといいです。「人を見る」こと、「人を知る」ことで、友だちと思いたい人は自動的に増えます。

友達が欲しければ趣味をもってみよう



ふつうに暮らしているだけで友だちが増える人と、そうではない人とがいます。ふつうに暮らしているだけで友だちに恵まれる人って、簡単に言えば相手に元気を与えることができる人です。
そういう人のまわりには、自然と人が集まってきます。多くの人は、誰かに元気を与えてもらいたいと思っているから。
自分が元気になろうと思えば、元気な人の元に集まってみるのもいいですが、なにか趣味をもってみては?
やりがいのあることを1つでいいのでもっていると、人は自然と元気になります。当たり前のことを書いているようですが、そういった基本的なことが大事だったりします。

自分がいかにして価値のある人間になるのか?
友だちがいないことにコンプレックスに感じる、というのは、おそらく「自分は他者になんらか貢献できる人ではない」という思いがあるからではないかと思います。
他人に元気を与えることができる、というのは、立派な社会貢献です。被災地に水や毛布を持っていくのと同じくらい、価値のあることです。
自分がいかにして価値のある人間になるのか? を考える過程で、友だちが自然にできてくる、ということもある、ということです。

女友だちが少ないことは別に「ふつう」かも



恋愛が好きな女子というか、彼氏を切らせたことのない女子の中には、「女子と一緒にいるより、男子と一緒にいるほうが楽」だと言う人もいます。
つまり女子どうしでいると、誰かの悪口が始まり、友だちと別れたあとに「わたしもあの子に悪口を言われていないかな」と心配しなくてはならない、でも男友だちといると、そういう心配をしなくて済む、ということ。
これって、人としてごく自然な感情ですから、女友だちが少ないことって、いわばふつうのことではないでしょうか。

いつも女子とばかりいる女子に対して、男子は警戒心を抱きます
友だちが少ないことに、なんらかのデメリットを感じることなく、もっとメリットを考えてみると「友だちが少ないこと」について、悩まなくて済むように思います。
さらに言えば、女友だちが少なくて、男友だちが多い女子って、わりと男子の人気者です。男心をわかってくれるとか、そういうことがあります。
反対に、いつも女子とばかりいる女子に対して、男子は警戒心を抱きます。「女どうしで、おれの悪口を言っていないかな」と思うわけです。
なので、女友だちが少ない人は、男友だちを増やすといいと思います。

いかがでしょうか。
もっとも寂しいことは、「友だちのふりをして、仲良くし続けること」です。そういう関係の人を、何人増やそうと、豊かな人生にはなりません。
友だちが少ないことが彼にバレても、べつにいいじゃないですか。そんなことで彼が「友だちが少ない君とは、これ以上つきあえない」なんて言ってきたら、あなたから振ってやるといいのです。
あなたはなぜ、友だちが少ないことを、そこまでコンプレックスに感じているのですか?
(ひとみしょう/studio woofoo)