Appleが、Micro LEDディスプレイの製品化に向け、2017年後半から試験生産を開始する、と台湾メディアDigiTimesが報じています。Micro LEDは、「iPhone8」に搭載が噂される有機EL(OLED)の次の世代のディスプレイとして期待されています。

生産は極秘研究施設のある台湾・桃園

AppleによるMicro LEDディスプレイの試験生産は、Appleが自社名を伏せた極秘の研究施設を設置してMicro LEDの研究開発を進めていると噂のある台湾北部の都市・桃園で開始される、と伝えられています。
 
Appleは、2014年にMicro LED技術に強みを持つLuxVueを買収しており、将来の製品化に向けた研究が進んでいると考えられます。

Apple、Micro LEDディスプレイを独自開発か

Micro LEDは、コントラストの高い鮮明な画像と、省電力、薄型軽量化が可能で、低コストで生産可能という特徴を持ち、「iPhone8」に搭載が噂される有機EL(OLED)からさらに進んだ、次世代ディスプレイ技術として期待されています。
 
4月には、AppleがMicro LEDディスプレイの独自開発を進めており、来年には製品化されると報じられました。次世代Apple WatchやiPhoneに搭載の可能性があります。
 
一方で、先日はAppleがSamsungが2018年の「iPhone9」用のOLEDディスプレイの供給で契約を締結した、とも報じられています。
 
 
Source:DigiTimes, AppleInsider
(hato)