諦めるなんてもったいない 恋を実らせるための絶対条件とは

写真拡大 (全3枚)

「好きな彼に自分なんて見合わない」

「自分なんかが好きな彼と付き合えるわけない」

自信のなさから、こんな風に思ってしまうことってありますよね。こうやって始めから諦めて、一生憧れの人のまま……なんてこともあるのではないでしょうか。

でも、それってもったいないと思いませんか?

■自信を持てなくて負のスパイラルに



勝手に自分ができる範囲を決めつけて、自分のゴールを狭めてしまう。自信さえ持って行動していれば、あの人と上手くいっていたかもしれないのに。

恋愛において、自信ってすごく重要なことだと思います。

じゃあ、どうして人って自信がなくなってしまうんでしょう。

生まれながらに自信がない人なんて、いないですよね。子どものころはみんな平等だったのに、生きているうちにいろいろな経験によって崩れていってしまう。

好きな人に告白して、振られた……とか、こんな経験が積み重なって、自分をどんどん蝕んでいく。

蝕まれた結果すっかり自信がなくなって、次に好きになった人にアピールなんてできないままその恋も実らず、また自信がなくなって……という恐ろしい負のスパイラルが生まれます。

■自分を磨く正のスパイラルを



逆に、自信を持つことで生まれるのが、正のスパイラル。

学生の間では、いじめが横行していますよね。大人になってからも、嫉妬や偏見は完全に消えることはありません。

どうして他人にマイナスの感情をぶつけてしまう人が生まれるか。それは、その人に自信がないからなんです。

自分に自信がないから、自分より劣っていると思う人を見下して安心したり、逆に自分より優れている人を自分と同じ位置かそれより下に無理やり下げたりする。

自信を持っている人はそんなことはしないし、それどころか他人の良いと思った部分は素直に認めて、さらにはそれを参考にして自分を磨くことができるんです。

何故それができるか。それは、自信がある人は自分よりすごい人のことを許容するキャパシティがあるからです。

自信を持って自分というしっかりとした地盤を持っているから、すごい人を見ても嫉妬などの感情は湧いてこないで、認めることができる。

そして認めることができるからこそ、優れている人を冷静に分析して、その人からさまざまなことを学び、自分の糧にすることで、また自信がつく。

そんな人は、自然と自分を好きになって、恋をしてもきっとうまくいくのだと思います。

■まずは自分を好きになること


自信を持たないことでの負のスパイラル、自信を持つことでの正のスパイラル。

この両者のどちらが良いかなんて一目瞭然ですし、人生にどれだけの差が生まれるかなんて計り知れません。

自信が持てないからと諦めずに、自信を持って自分を好きになる努力が誰しも必要なんです。

そこで諦めたら、あなたは自らの手で自分の可能性を潰してしまうことになってしまう。

まずは自分を好きになることから、第一歩を踏み出してみてくださいね。

(藍にいな+ノオト)

<関連リンク>藍にいな@bekko_ame_(Twitter)