Appleは、6月5日より開催する世界開発者会議(WWDC2017)の基調講演を、ライブストリーミングにより一般公開することを新設ページ上で発表しました。

iOS端末、Mac、PC、Apple TVで視聴可能

AppleはWWDCの基調講演を、毎年ライブストリーミング形式で公開していますが、今年も同様に実施することを明らかにしました。
 
新たに設けられたページによると、iOS7.0以降およびSafariを搭載したiPhone、iPad、iPod touch、OS X v10.8.5以降およびSafari 6.0.5以降を搭載したMac、Windows 10およびMicrosoft Edgeを搭載したPC、Apple TV(第4世代。第2、3世代の場合はtvOS6.2以降が必要)で視聴可能です。

ソフトだけでなくハードも発表か

今年のWWDCでは、iOS11、macOS10.13、tvOS 11、watchOS 4といった最新ソフトウェアに加え、新型MacBookやMacBook Air、10.5インチiPad Pro、そしてAmazon Echoに対抗するSiriを搭載したスピーカーが発表されるとの噂が浮上しています。
 
 
Source:Apple
(lunatic)