「直接会うと、失敗しそう……」「成功する自信がないと、勇気を振り絞るのは大変!」どうしても彼の顔をみると何もできなくなるなら、LINEで告白するのもあり! ただし、シンプルに直球でメッセージを送らないと彼の心には響かないかも!?

 
片思い中の方に向けてLINEで告白を成功させる方法をご紹介いたします。

LINEで告白するには2人の距離感が重要!


LINEで告白して、さらに成功させるためには、2人の距離感が重要です。たとえば出会ったばかりで、まだ2人でも出かけたことがないのに、いきなりLINEで告白しても結果はみえています。

一方、何回か二人きりでデートしているうえに彼からもアプローチをされているなら、LINEでも問題はないでしょう。成功するかどうかは、2人の距離感が1つの鍵に。あまりにも距離があるなら、今はまだタイミングではありません。いきなり距離を縮めすぎないように、慎重に行動しましょう。

告白は遠回しに言わず、ストレートに伝えて!



LINEで伝えるということは基本的に文字や絵文字が中心になります。短い枠の中で自分の気持ちを伝えなければならず、受け取り手側に意図を読み取ってもらうためには、正確にキレイな文章を書かなくてはいけません。

「今までずっと言えなかったけど」「ずっと友達でいるかどうか迷って……」など、前置きはすべて要りません。むしろ遠回しに言えば言うほど、相手は何が言いたいのか、どんな返事をすればいいのか分からなくなってしまいます。

「あなたのことが好きです」と伝えるだけで、彼はあなたの気持ちにどう応えるか考えられるでしょう。

「返信待ってます」はNGワード


LINEで告白するときにやりがちなのが最後に「返事待っています」と打つこと。たしかに返信をしてもらわなければ、彼の気持ちは分かりませんが、わざわざ文章であらわすと、相手からしてみればプレッシャーがかかっているように思えて仕方ないでしょう。

返事待っています=早く返信してください、と読み取る彼もいるはずです。あまりにも最初から返信を催促すると、彼も余計に悩んでしまうでしょう。威圧をかけすぎても期待通りの結果になりませんから、文章はあくまでもシンプルに&簡潔に。

送る時間帯は夕方〜夜がベスト



送る時間帯やタイミングは、彼がお休みの夕方〜夜がベスト。早朝から送っても、彼の貴重な1日を丸々自分のために悩んでもらう必要があります。深夜に送れば、翌日の仕事に向けて精神統一している彼の邪魔をすることになります。

夕方以降、お日さまが沈みかけているタイミングであれば、そこまで面倒くさがられずに真剣に考えてもらえるはず! 送るときは、一度書いた文章を何度も何度も読み直し、彼に負担をかけすぎていないかチェックしましょう♡


いかがでしたか?
LINEで告白を成功させるためには、ポイントをおさえた文章をつくること。シンプルに好きな気持ちを伝えれば、きっと彼の心に届きます。

万が一、LINEで告白したことで失敗しても、今度は直接会ったときにもう一度チャレンジをすればいい話♡ 失敗をおそれず、どんどんチャレンジしてみましょう!
(山口 恵理香)