ジョニー・デップ、離婚原因は妻出演の映画か

写真拡大

ジョニー・デップがアンバー・ハードと離婚した理由は、映画内でのアンバーの「性的に挑発的な」役どころにあると言われている。

アンバーは昨年11月に、未発表作品「ロンドン・フィールズ」のプロデューサー陣から、劇中でのヌードに絡み、演技と宣伝活動の義務に違反したと訴えられており、さらにアンバーによる反訴の中では、自身に似た人物を使ってヌードシーンが加えられたと主張していた。

そしてここにきて同作の幹部らは、アンバーが宣伝活動を拒否した理由は「嫉妬深い」元夫のジョニーの圧力があったからだと主張。「ハード氏の違法行為は『ロンドン・フィールズ』撮影中に起きていたデップ氏との波乱に満ちた関係が影響していたのかもしれません」「ハード氏の演じた性的に挑発的な女性の役どころが、デップ氏との離婚の引き金になったといえるからです」としている。

ニューヨーク・ポスト紙によると、その訴訟の中で、アンバーは当初性的なシーンの撮影にも合意したものの、元妻アンバーが「とてつもなく嫉妬深い」と表現するジョニーがアンバーに圧力をかけたため、後になって合意していないと主張したのではないかとされているという。

アンバーの弁護団はこの映画について「酷い作品」であると苦言を呈しており、プロデューサーのクリストファー・ヘンリーと、その妻でアンバーのふりをして過激なセックスシーンの撮影を行ったとされるロベルタが必死になっているだけだとしている。

その一方でジョニーの代理人はプロデューサー陣の主張に対し「馬鹿げている」とコメントした。