菅田将暉

写真拡大

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の公開アフレコイベントが5月25日、都内スタジオにて行われ、広瀬すず、菅田将暉、声優の宮野真守が出席した。

広瀬すず、菅田将暉、宮野真守のその他の写真

本作は、岩井俊二監督の同名ドラマをもとに、『モテキ』や『バクマン。』などの大根仁監督が脚本を手がけ、『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之が総監督をつとめたアニメーション映画。母親の再婚によって転校を余儀なくされた中学生のなずなの「かけおち、しよ」の言葉に応えられなかった少年・典道の後悔が、ある不思議な現象を引き起こすことになり……。

菅田にとって本作は声優初体験。オーディションで役柄を勝ち取ったというが「みずみずしい中学生の役は、今やらないと今後できなくなってしまうだろうと思って……」と挑戦した理由を明かすと「この年齢になってくると、だんだん“初体験”は減ってくるんですよね」と苦笑い。

そんな菅田の発言に宮野は「僕は33歳なんですが、中学生です」とツッコミ、報道陣を笑わせていたが「とてもフレッシュな2人と一緒にできることが嬉しかった。ピュアなオーラを浴びて、自分も『頑張って中学生になろう』と思いました」と刺激を受けたことを明かす。

広瀬はこれまで『バケモノの子』などで声優経験があるが「菅田さんとは初共演だったので、どんな雰囲気なのかなと、少し構えて力が入ってしまったのですが、(バケモノの子で共演した)宮野さんがいてくれたので安心しました」と収録を振り返っていた。

またこの日は、作品にちなんで「もしも中学生に戻ったら」というトークを展開。広瀬は「中学校1年生の合唱コンクールに戻りたい」と発言。その理由を問われると「中学2年生からお仕事を始めていたので、1年生のときしか参加できなかったんです。歌に集中して『みんなで頑張ろう』みたいなのをやりたい」とはにかんだ。

一方の菅田は「中学のとき、科学の授業で理科室にいるとき、ピンセットをコンセントに差し込んでしまい、学校中を停電させてしまったんです」と仰天発言。驚いた表情を浮かべていた広瀬と宮野だったが、広瀬は「でもなんとなく気持ちはわかるかも。私もつまようじをコンセントの片方に入れたことがあります」と告白。菅田は「でしょ?」と共感が得られたことに満足そうな表情を浮かべていた。

数々の作品に参加している広瀬や菅田でも、公開アフレコには戸惑ったようで、2人とも「緊張する」と連呼。だが、広瀬が順調にアフレコをこなす一方、菅田にはブースから「セリフの言い出しが早い」とまさかのダメ出し。菅田は「すみません、ごめんなさい。今後このようなことがないようにします」と猛省。アフレコ後には「裸なのに『服を着ています』みたいな顔をしなくちゃいけないみたいで恥ずかしい」と初体験の感想を語っていた。

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は8月18日より全国公開となる。