英中部マンチェスターの病院を訪れ、爆破事件の負傷者と面会するエリザベス女王(2017年5月25日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】英国のエリザベス女王(Queen Elizabeth II)は25日、中部マンチェスター(Manchester)のコンサート会場で発生し、22人が犠牲となった爆破事件で負傷した子どもたちが手当てを受けている病院を訪れた。

 地元のテレビは、負傷者たちが手当てを受けている「ロイヤル・マンチェスター・チルドレンズホスピタル(Royal Manchester Children's Hospital)」にエリザベス女王が到着した様子を伝えた。

 エリザベス女王は事件発生後、声明を発表し、犠牲者や救急隊員らを気遣うとともに、「マンチェスターで死傷者がでたことに、全ての国民が動揺している」とし、さらに「この野蛮な行為にマンチェスターの人々が人間性と思いやりをもって対応したことについて称賛の意を表明したい」と述べた。
【翻訳編集】AFPBB News