サプライズ招集の加藤恒平ってどんな選手?ハリルホジッチが語ったことは

写真拡大

さきほど発表された6月に向けた日本代表メンバー。

西川周作や森重真人といった常連組が外れる一方で、最大のサプライズとなったのはブルガリア1部でプレーするMF加藤恒平の招集だろう。

ハリルホジッチ監督は以前から記者会見で加藤の名を挙げており、長い間かけて注目していたことを明らかにした。

とは言え、加藤はJ2で30試合ほどしか出場しておらず、その後はモンテネグロやポーランド、ブルガリアといった東欧諸国でプレー。日本のファンにはほとんど知られておらず、そのプレースタイルが気になるところだ。

この日行われた記者会会見でハリルホジッチ監督は「ボールを奪う人という役割ですね。それからしっかり組み立てもできる」と語ったが、その後に行われた質疑応答でもやはり加藤に関する質問が出た。

その内容は以下の通り。

―加藤選手ですが、もう少しプレーの特徴を説明していただきたいのと、四回行った時に実際に会われたのかと、会った時にどういった会話をされたのかお願いできますか?

ハリルホジッチ「さきほど申し上げましたように、加藤は約1年追跡しています。我々のスタッフが4回ほど現地に行って見てます。

少しホタルに似てますね。アグレッシブで、良い組み立ても持っていますね。攻撃のところでも良いパスを出せます。

ただ、少し二列目かなという感じもしてますね。守備の修正役も担える選手。良いパスを持っているので、もう少し攻撃的に行ける可能性もありますね。

ホタルよりもパワーはない感じです。予測とアグレッシブがかなりレベルの高い選手だと思いますね」

「この長い期間でいろんな選手をトライしました。

高萩が前回来ましたけども、ユウキ・コバヤシもトライしましたね。柴崎岳に関しても最近のパフォーマンスは嬉しいです。忘れてませんよ。永木もいてですね、たくさんの選手を呼んでトライしました。

つまり、直接私の目で見て彼の能力を判断したいというところです。

すぐにプレーさせるという予定ではありません。ただ知りたいということです。

あとは何が起きるか分かりませんよね、怪我とかもありますし。つまり、他の選手も考えてますから。

ユウキなんかはずっと先発ですよね、例えば。彼ともディスカッションをしていますから。ユウキの場合は守備のところでもう少しアグレッシブにボールを奪うというのが課題になると思います。テクニックのところは悪くないですよね。

ただ、考えなくてはいけないのはイラクとの試合ですね。グラウンドももしかしたら悪い状態のままかもしれない。ボールを奪うところでアグレッシブに行ける選手というのが必要になりますね。

そういうタイプの人たちが良いプレーをできるのではないかな。そういったことを踏まえて、こういった選手を呼んでいます。

ただ、この人たちがずっと定着するかどうかは分かりません。なぜかと言うと、競争がありますからね。より可能性の高い、より良い人を呼ぶトライを私はするだけです。

例えば7人の中盤、守備も攻撃も踏まえて呼んでます。普通は6人ですよね。7人目として、加藤を知るために呼んでいます。ただ、他の選手を忘れたわけでは決してありません。

…大島も忘れてませんよ。残念ながらまた怪我をしたということを聞いています。

ただ、その前まではかなり良いプレーをしていました。本当にたくさんいますね、あのポジションは。

つまり、A代表にしっかり入ろうと思えばかなり良い試合をしなければいけないと思わざるをえないということですね」