25日、中国の山東省と海南省で3月末に国家安全当局に拘束された日本人6人について、中国国防部は「(スパイ行為など)国家の安全を害した場合、中国は法に基づき処罰する」と表明した。

写真拡大

2017年5月25日、中国の山東省と海南省で3月末に国家安全当局に拘束された日本人6人について、中国国防部は「(スパイ行為など)国家の安全を害した場合、中国は法に基づき処罰する」と表明した。中国之声が伝えた。

日本メディアによると、拘束されたのは20〜60代の日本人男性6人。中国当局に「スパイ活動にかかわり、中国の国家の安全を害した」として身柄を拘束されている。(翻訳・編集/大宮)