“U-KISS イライの妻”チ・ヨンス、母に婿の第一印象を尋ねる…「イライにさえ会わなかったら非難を受けなかったと思った」

写真拡大

U-KISSのイライと結婚したレーシングモデルのチ・ヨンスの母親が、娘より11歳年下の婿であるイライに対して胸の内を告白した。

24日午後に韓国で放送されたKBS 2TV「家事する男たち2」で、チ・ヨンスは実家の母に「お婿さん(イライ) の第一印象はどうだったの?」と尋ねた。

するとチ・ヨンスの母親は「話してもかまわない?」とためらいながら「年齢差がだいぶあるので、終わらせなさいと言った。それ以上は話もしなかった」と率直に答えた。

「婚姻届を出して、マスコミが大騷ぎした時、私の心がどんなだったと思う? 私はすごく悩んで苦しんだの。イライにさえ会わなかったら、こんなことは体験しなかったはずなのに」と、一足遅れて胸の内を明かした。

しかしチ・ヨンスの母親はすぐにイライに向かって「寂しく思わないでね。全部過ぎたことだから話しているのよ」と話した。これに対してイライは「いいえ、いいえ」と言って手を横に振り、チ・ヨンスの母親は「連れてきた時は、とても優しそうだと思った」と、イライの第一印象を述べた。

「今でも『本当に優しい子だな』と思う。私はそう感じてるし、そんな風に暮らしてると思うから」と付け加え、「それでも幸せにしてあげてね。今でも幸せだけど」と頼んだ

制作スタッフとのインタビューで、チ・ヨンスの母親は「『これは違う。考え直してちょうだい』と言ったけど、私たちが反対したら、自分たちだけで婚姻届を出したと言われた。後でそれを知って、とても寂しく思った」と吐露した。

イライは、「お義父さんとお義母さんも、心がとても傷ついたようです。だからか、僕には常に申し訳ない気持ちが残っています」と告白した。