もしかしてチャラい?男性が「この子、遊んでるな」と感じる瞬間

写真拡大



遊んでいそうに見える女性のことは、男性は本命の相手としてはなかなか選んでくれません。浮気しそうだし、求める水準が高そうだし、ピュアな可愛げがないし…などなどマイナスイメージがあるからですね。

恋愛対象外にされてしまうか、遊び相手として見られてしまう可能性が高くなってしまうでしょう。

そこで今回は、男性が「遊んでるな」と思わず感じる瞬間を紹介します。

■1.「携帯電話」がよく鳴る

「常に携帯電話が鳴っている女性は、色んな男性とやり取りしているように見えちゃいますね。LINEで男性と連絡を取っているのかなとか、勝手に想像しちゃいます」(29歳/男性/公務員)

一緒にいるときに、しょっちゅう携帯電話が鳴っている女性は、男性はあやしいと感じずにいられません。色んな男性から電話やLINEがきているのだと、男性は思い込んでしまうのです。いつもスマホを触っているのも、常に誰かと連絡を取っているようにも見えるので、男性には嫌がられるもの。結局は、男遊びが激しそうな印象を与えてしまうだけなので、いったんスマホとは距離を置くのが正解かも。

■2.かなり「交友関係」が広い

「やっぱり交友関係が広い子は、それだけ遊んでいるような印象にもなるかも。特に男友達が多いと、男遊びも激しいのかなとか思っちゃいますね」(30歳/男性/飲食)

やたらと交友関係が広い女性は、男性からは避けられてしまいがち。自分の知らないところで、あまりにも色んな男性とつながっていると、恋愛対象としては見ることができません。会話の中に毎回知らない人が出てきたり、SNSでもたくさんの人と交流を持っていたりすると、ちょっと引かれたりもしちゃうかも。友達が多いのはいいことですが、男友達が多すぎると、男性は近づきにくいのです。

■3.「お店」をたくさん知っている

「レストランとかバーとか、大人な感じのお店をたくさん知っていると、色んな男に連れてきてもらっている感じがしますよね。どうしても後ろに男の影が見えちゃいます」(28歳/男性/不動産)

飲み屋さんやレストランなど、色んなお店を知っている女性は、必然的に「色んな男性と来ているんだろうな」とも思われやすいです。また、話題の場所やデートスポットに詳しいのも、男性と遊び慣れている印象になるかも。ただトレンドに詳しいだけかもしれませんが、変な誤解を生んでしまう可能性もあるので、好きな男性の前では注意が必要でしょう。

■4.いつも「お酒」を飲んでいる

「やっぱりお酒が好きな女の子は、遊んでいる印象にもなりやすいです。SNSにパーティーの様子とかクラブで酔って遊んでいる様子が載っていると、遊び人認定しちゃいます」(31歳/男性/商社)

お酒が好きな女性は、それだけで遊んでいそうなイメージを持たれやすいです。適度に飲む分には問題ないですが、毎晩のように夜の街で飲み歩いたりしているのはマイナスイメージ。お酒を飲むと開放的な気分にもなるので、酔った勢いでの一夜の過ちなども多そうに思われてしまうのでしょう。

■おわりに

男性に「遊んでるな」と思われてしまうのは、女性としてはあまりいいことではありません。遊び相手としてはちょうどいいので、都合のいい女にされたりもしかねないですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)(小南光司/モデル)(泉三郎/カメラマン)