バランスを意識することが重要!SNSで“リア充アピール”しても嫌われない女子の心がけ5つ

写真拡大

【相談者:10代女性】
SNSのリア充アピールはウザいって言われるじゃないですか。
でも、私はリア充アピールしたいんです。
おしゃれなカフェや旅行に行ったら写真を載せたいし、それなりにモテているときは自慢だってしたいって思いますもん。

でも、それで女友達から陰口を言われるのはやっぱり嫌なんです。
わがままかもしれませんが、周りから不快に思われないSNSでのリア充アピールってありますか?

●リア充アピールにプラスの要素を加えると“愛され投稿”に!

ご質問ありがとうございます。
コラムニストのLISAです。

SNSが普及すると同時に問題視され始めた「SNS疲れ」という現象。
おそらく、他人のSNSを見て何となく嫌な気持ちになった経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

そんなSNS疲れを引き起こす原因のひとつが他人のリア充アピールだと言われています。
「私はこんなに贅沢な暮らしをしています」「毎日楽しいことばかりで幸せです」などの自慢投稿は見た人の気持ちを大きくかき乱すのです。

しかし中には頻繁なリア充アピールをしているにもかかわらず、周りの人から嫌われるどころかさらに愛されるという女性もいます。

一体、嫌われるリア充女子と好かれるリア充女子にはどのような違いがあるのでしょうか。

そこで今回は、女性の方々からSNSに関するお話を伺ってきました。
その話に基づき、SNSでリア充アピールをしていても嫌われない女性の特徴についてご紹介します。

●(1)リア充投稿と非リア充投稿のバランスを意識する

『普段はリア充アピールばかりする友達がクリスマスの日にひとり家でケーキを食べている写真を投稿していて、思わず笑ってしまった。確かにリア充アピールばかりをされると見ていてウザいなと思うけど、たまに非リア充の一面を見せたり、笑える自虐投稿をしたりしてくれると、この子は見栄を張って自慢したいんじゃなくて、ただ単に素の自分をさらけだしているだけなんだなと思える』(24歳/受付)

SNSにハマる女性の中には本当の自分を隠し、偽りの自分を演じている人も多くいます。
彼女たちは周りから羨ましがられたいがあまり、リア充アピールとなる内容のみを投稿し、他人に知られたくない部分は決して見せようとしません。
しかしそれが周囲から反感を買う原因となっていたのです。

SNSで嫌われないリア充女子になるためには、ときに楽しい出来事以外の投稿もする ようにしましょう。
充実生活を送っていると思っていた女性が意外な一面を持っていたり、苦手なことや失敗することがあったりというギャップは見ている人に親近感を抱かせます。
リア充投稿と非リア充投稿のバランスを意識することで、周りに素の自分を見せているという印象を与えることができるのです。

●(2)リア充写真では決め顔を封印する

『ただの僻みなんですけど、男女大勢が集まった写真を載せたり、おしゃれな店で全員がキメ顔をした女子会写真を載せたりする女が嫌いです。ただ、私の親友もたまにそういうリア充写真を載せるんですけど、決まって彼女は変顔で写っているんです。周りの子が自分をかわいく見せようと必死でキメ顔をする中、ひとり変顔をする親友(笑)。その自由さが憎めないし、見ていてかわいいなって思っちゃいます』(33歳/営業)

写真に写る自分を少しでも良く見せたいと思う気持ちは、決して珍しいことではありません。
わざと自分の写りだけが良い写真を選んだり、楽しい女子会を演出するために全員がキメ顔の写真を撮ったり。
そのように写真写りに必死になる様子 は、投稿を見た人にも必ず伝わります。
きっと、同性からも批判を買うことになるでしょう。