▽FC町田ゼルビアは25日、日本代表に初選出され、かつて町田でプレーしたMF加藤恒平の選出を発表した。

▽ジェフユナイテッド市原・千葉の下部組織出身の加藤は、立命館大学に進学。アルゼンチンでプロサッカー選手を目指したが、ビザの関係で断念。2012シーズンに町田に入団した。町田では、J2で29試合に出場している。

▽町田は加藤について「加藤選手はJ2時代の2012シーズン、プロ1年目ながらリーグ戦29試合に出場しています。当時から運動量とハードなマークが持ち味で、ボランチや3バックのストッパーとしてプレーしていました」と紹介。また、町田在籍選手がA代表に選出されるのは初とのことで、「FC町田ゼルビアのトップチームを経てA代表に選出されるのは、加藤選手が初めてのことです。ゼルビアは「町田から世界へ!」をスローガンとしていますが、まさに具現化してくれた形です」と発表した。