チョロすぎる…!? 私がカレを気になりはじめた“ちょっとしたキッカケ”3選

写真拡大

今まで気にもしていなかったのに、ちょっとしたきっかけで急に気になってしまうという経験はありませんか?
まるで少女漫画のような出来事ですが、今回はそんなちょっとしたきっかけを集めてみました。

●(1)自分で蒔いた種が気になる花に

『バレンタインに、同じ部署になった後輩の男の子に渡したんです。そしたらホワイトデーで高級なキャンディーとマシュマロを「特別なんで内緒にして下さい」ってくれました。特別って意味ありげじゃないですか?それから何故か気になるようになっちゃって。単純で何だか恥ずかしい……。私ってちょろいな、って思いました』(28歳/事務)

恋愛ってそういうものですよね。
何がきっかけで好きになるかなんて解らないものです。

以前コントであった、ちょっとしたきっかけで惚れてしまうちょろい男子も居ますが、女子だって乙女。
でもチョロくてもいいじゃないですか。
純粋って言って!

●(2)好意を持たれたら気になっちゃう

『同じサークルの人で、私のこと可愛いって言っていたという情報が人づてに耳に入った。今までほとんど話をしていなかったのに、急に気になり出してその人が出ている時を狙うようになった。浅ましいかな、と思うけれど何とか話したい。なんでしょうね、モテないからですかね』(21歳/学生)

いえいえ、あるあるですよ。
心理学的にも自分に好意を抱いてくれる人には好意を抱くという説があります。

両想いって、こういった流れから起こるものかもしれませんよね。

●(3)共通点を見つけてしまったら

『ちょっと気持ち悪いって思われるかもしれませんが、通勤で一緒になるお兄さんの読む本が私と一緒なんです。好みが似てるな、って見ていたらスマホの機種も一緒でした。それから気になってます。降りる駅も一緒な事に気づいちゃったから、更に気になっちゃう。子どもっぽいですが、運命感じる……。気持ち悪いですよね』(25歳/サービス)

そんな事はありません。
人は、自分との共通点を見つけると親しみがわきます。
普通の心理ですし、そこから好きになっていくという事もあります。

----------

皆さんちょろいのではなく、純粋に人を好きになるチャンスを掴んでいる のでしょうね。
斜に構えて好きじゃない、気にならないと思おうとするよりは、ずっと幸せを掴む事が出来ると思いますよ。

【参考文献】
・『雑学恋愛心理学』齋藤勇・著(ナツメ社)

●ライター/玉恵(ダメンズ専門家)