芸術作品のような美食を生み出す、世界のベストレストラン・ランキング

写真拡大

 イギリスのビジネス雑誌・デジタルメディアを運営するWilliam Reed Business Mediaによる「The World’s 50 Best Restaurants(世界のベストレストラン50)」の2017年版が発表された。ランキングに並ぶ世界各国のレストランが提供する料理はどれも芸術作品と見紛うばかりの美しさを誇っている。

 堂々たる1位に輝いたのはアメリカ、ニューヨークに店を構える「イレブン・マディソン・パーク」だ。同店を率いるのはスイス生まれ、若干24歳でミシュランの星を獲得したことのあるダニエル・ハム氏である。彼の十八番はローストダックだといい、蜂蜜とラベンダーやカブとハックルベリーがアクセントとなっている。

 次点にはイタリアのモデーナにある「オステリア・フランチェスカーナ」が入った。料理人であると同時に詩人、ストーリーテラー、芸術家とも呼ばれるシェフのマッシモ・ボットゥーラ氏は、料理のみならずアートや音楽にも強いこだわりを見せ、店内には芸術的な空間が広がっている。3位にはスペインのジローナにある「アル・サリェー・ダ・カン・ロカ」が入った。同店の料理は複雑で、時代の最先端のテクニックを駆使し、多様な材料が用いられており、高度な様式美を誇っている。

写真はイレブン・マディソン・パークの目にも美しいオードブル flickr/djjewelz

 一方、日本のレストランも18位に南青山のNARISAWAが、45位に神宮前の傳がランクインしている。NARISAWAのオーナーシェフ成澤由浩氏は、「サステイナビリティーとガストロノミーの融合」というテーマで世界に先駆けて自然保護に関わる料理を発表している。また、傳は伝統的な和食の概念にとらわれず、世界中から影響を受けた遊び心とユーモアのある料理が評価されている。

 さて、このランキングはベスト50と題しているが、実はベスト100までランキングが公開されている。ベスト100のレストランを都市別に集計してみると、美食の街を探すヒントになるだろう。ベスト100レストランにもっとも多くの店がランクインした都市は、言わずと知れた美食の街、フランスのパリで8店舗がランクインした。次点はナンバーワンにもランクインしたアメリカのニューヨークで7店舗、イギリスのロンドンが6店舗と続く。日本の東京は第4位で、5店舗がランクインした。第5位はメキシコのメキシコシティで4店舗がランクインし、3店舗ランクインした都市は香港やロシアのモスクワなど6都市が並んだ。

 同ランキングに並ぶレストランはいずれも味もさることながら美しさも追求しているようだ。一流のレストランともなると、店内はまるで美術館のようなものなのかもしれない。新しい都市を訪れる楽しみの一つには、美食がある。次回の旅のプランを練る際には、この美食レストランランキングを参考にしてみてはいかがだろうか。

 最後にランキングのトップ20のレストランを以下にて紹介する。

1. 『Eleven Madison Park』アメリカ・ニューヨーク
2. 『Osteria Francescana』イタリア・モデナ
3. 『El Celler de Can Roca』スペイン・ジローナ
4. 『Mirazur』フランス・マントン
5. 『Central』ペルー・リマ
6. 『Asador Etxebarri』スペイン・バスク
7. 『Gaggan』タイ・バンコク
8. 『Maido』ペルー・リマ
9. 『Mugaritz』スペイン・エレンテリア
10. 『Steirereck』オーストリア・ウィーン
11. 『Blue Hill at Stone Barns』アメリカ・ポカンティコ ヒルズ(ニューヨーク州)
12. 『L’Arpège』フランス・パリ
13. 『Alain Ducasse au Plaza Athénée』フランス・パリ
14. 『Restaurant Andre』シンガポール
15. 『Piazza Duomo』イタリア・アルバ
16. 『D.O.M.』ブラジル・サンパウロ
17. 『Le Bernardin』アメリカ・ニューヨーク
18. 『Narisawa』日本・東京
19. 『Geranium』デンマーク・コペンハーゲン
20. 『Pujol』メキシコ・メキシコシティ

photo flickr/Anders Carlsson