出典:Nosh

出会ったばかりの相手とも、気軽にメッセージのやりとりができるLINE。今ドキ男女の“恋”のはじまりには、絶対に欠かせないコミュニケーションツールですよね。

でも、一歩間違えると、二度と男性に振り向いてもらえない“大失敗”に繋がってしまうことも……。

そこで今回は、20〜30代独身男性を対象に、“女性から送られてきてドン引きしたLINE”を徹底調査してみました!

 

■LINEを続けたいのは分かるけど…

「IDを交換してから、ほぼ毎日メッセージのやりとりをしている女性がいるけど、正直疲れてきた。だって、彼女から送られてくるLINEの半分以上はどうでもいい質問だからね。特に最近は“誰と一緒なの?”“どこで飲んでるの?”と彼女ヅラするような発言も増えてきて鬱陶しい存在になりつつある。」(26歳/メーカー)

一日でも早くカレの特別な存在になろうと思って、アプローチを焦ると、思わぬ誤算を招いてしまうことがあります。タイムラインを見直して、質問ばかり送っている女性は要注意! もっと慎重に距離を縮めていった方がいいかもしれません。

さらに気を付けたいのが、彼女ヅラするようなメッセージの送信。「どこで?」「誰と?」「写真送って!」など、カレの行動を細かく把握しようとするとウザがられる傾向があるので、くれぐれもご注意を……!

 

■「既読/未読スルー」をしたら…

「返信するつもりはあるけど、仕事が忙しくてきちんと向き合えないときってあるよね。そんなとき、しつこく“どうして既読スルーするの?”“ラインくらい返せるでしょ?”って責められると、本当にウンザリする。どんなにイイ雰囲気でも、彼女と付き合う気にはなれないかな。」(28歳/IT)

カレから連絡が遅いからといって「なんで?」「どうして?」なんて責めたら絶対にダメ! 男性に「付き合ったら面倒臭そう」と思われて、そっと距離を置かれるのがオチですよ。

交際前も、交際後もお互いのペースを乱すようなことをしてはいけません。相手に依存するのではなく、もっとプライベートな時間を充実させることを考えましょう。

 

■落ち込んでいるからといって…

「仕事でミスしたり、上司に怒られたり、誰にでも落ち込む瞬間があると思う。でも、それをグチグチとLINEで愚痴ったり、いつまでも引きずっているのはどうなの?一緒にいて気分が滅入るし、返信しないわけにはいかないこっちの立場にもなってほしいよ。」(29歳/金融)

笑い話で終わらせられるような愚痴や悩みを打ち明けるのは構いませんが、思わず反応に困ってしまう深刻な話や、ネガティブな発言を繰り返してはいけません。「そんなこと言われても……」「俺にどうしてほしいの?」と相手を困惑させてしまうだけですよ。

カレに支えてほしいと思ったら、「○○くんと話ていると、嫌なことも忘れられる」「ちょっと元気が出てきた」など、ポイティブでストレートな表現を心がけましょう。

 

いかがでしたか? ちょっとでも心当たりのある女性は要注意! 男性のハートが完全に離れてしまう前に、今すぐLINEを見直してくださいね。

【取材協力】

※ 20〜30代独身男性

【関連記事】

※ 実はバレバレ!「浮気男」が無意識に発しているサイン

※ これ、いつ終わるんだよ…男に実は嫌がられているダメLINE

※ 「心配をしてくれた…キュン♡」あざと可愛いLINEで男心をつかめ!

※ コレだけで!? 男をエッチな気分にさせるマル秘LINE

※ ハートマークにキュン♡男がドキッっとする女友達からのLINE

※ スタンプのみで返信!「興味のない男」からのLINE回避術