外交部近くの臨時事務所に到着し、記者団の質問に答える康氏=25日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が外交部長官候補に指名した康京和(カン・ギョンファ)元国連事務総長特別補佐官が25日、北朝鮮に対する人道的な支援は政治的な状況とは関係なく実施すべきと話したことについて、青瓦台(大統領府)の関係者は同日、記者団に対し「(康氏の発言は)原則的な発言であり、われわれが行ってきた方向と大きく違わない」と話した。

 同関係者は「核実験やミサイル発射などにより北の核が高度化されているため、国際社会は現在、圧力と制裁という流れにある」と説明した。
 その上で「(人道的支援は)北の核やミサイル問題に対する進展から判断する。大統領と政府がどのような対北政策を選択するかとの状況判断や、韓米協力、対北協調、制裁協調の枠組みで行われる部分」と話した。
 政府の外交・安保の陣容がハト派にシフトしたとの指摘には「対北政策においてタカ派やハト派、どのような選択かと確定的に話す段階ではなく、選択の問題」と説明した。
yugiri@yna.co.kr