【詳細】他の写真はこちら

自転車でのお出かけが楽しくなりそうです。

最近は自転車にスマホを取り付け、地図アプリを使うという人も多いと思いますが、小さなスマホ画面を凝視するのは危険。それよりも、自転車のハンドルバー上で光ってナビゲーションをしてくれる『Wink Bar』を検討してみてはいかがでしょう?

クラウドファンディングサイトのIndiegogoに登場したこちらのアイテムは、ナビ機能だけでなく、ヘッドライト、電話やメールの通知、それにGPSとアラームによる盗難防止機能も備えたハンドルバーなんですよ。

ピカピカっと進行方向が一目瞭然







スマホと連携して動作する本製品。専用のナビシステム「WinkNav」を利用することで、走行中に右に曲がるときは右側が、左に曲がる時は左側が、また反転する時は両方のランプが点滅して教えてくれます。方向指示の際に発光するだけでなく、通話やメールを受け取ったときにはブルーにランプが光るなど、スマホが受信した情報の通知機能もあるんですって。

泥棒にだって負けない!





万が一自転車が盗難にあった場合でも安心。本体にはGPSが内蔵されており、盗難時には地図アプリから車両の位置が特定できます。またアラート機能を使って安全な遠隔地から泥棒を威嚇できる(!?)という驚きの機能も。

2タイプのハンドルバーから選べます





『Wink Bar』は2万5000ドルを目標に資金調達を行っており、現時点では約2万1000ドルの資金が集まっています。プロジェクトが成功すれば、現時点では149ドル(約1万7000円)の出資で一つ入手可能。製品の出荷時期は2017年9月で、日本への配送にも対応しています。カラーはブラックとシルバーの2色。ハンドルバーの形状は直線タイプの「Flat」かママチャリ風の「Urban」が選択可能です。



文/塚本直樹

関連サイト



『Wink Bar』プロジェクトページ

関連記事



前後両輪駆動自転車?それってすごいの?どんなもの?【e-Bikeのスマホ的楽しみ方】

区をまたいでもOK!東京都千代田区の電動自転車シェアリング「ちよくる」が超便利だった【e-Bikeのスマホ的楽しみ方】

自転車専門誌では教えてくれない!街乗り便利アイテム(ドリンクホルダー編)【e-Bikeのスマホ的楽しみ方】