南シナ海で洋上燃料補給のために待機する米海軍のミサイル駆逐艦デューイ(2017年5月19日撮影、25日公開、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】中国政府は25日、南シナ海(South China Sea)の同国が主張する領海に米海軍の艦船が「許可なく」入ったとして米国を非難した。

 これに先立ち米高官は同日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の政権下では初となる「航行の自由作戦(Freedom of Navigation Operations)」の一環として、南シナ海の南沙諸島(英語名:スプラトリー諸島、Spratly Islands)で中国が領有権を主張しているミスチーフ礁(Mischief Reef)付近を米海軍のミサイル駆逐艦デューイ(USS Dewey)が航行したと発表していた。

 中国外務省の陸慷(Lu Kang)報道局長は記者会見で「米艦船による行動は、中国の主権と安全保障上の利益を損なうものだ。この過ちを訂正するよう米国に強く求める」と述べた。さらに「地域一帯の平和や安全と、2国間の長期的関係を損なうことを回避するために、中国の主権と海域での利益に損害を与えるこれ以上の挑発的な行動をやめよ」と語った。
【翻訳編集】AFPBB News