画像提供:マイナビニュース

写真拡大

コクヨは5月26日、東京・千駄ヶ谷に3階建て複合施設「THINK OF THINGS(シンク オブ シングス)」をオープンする。

○"循環する"3フロアの機能

THINK OF THINGSは「ワークとライフの境界を超える」をテーマとした新施設。JR原宿駅から徒歩3分ながら原宿や表参道とは少し異なる、落ち着いた雰囲気のエリアにある。流行とは一線を画した個性的なショップやクリエイターのオフィスも多く、新しい価値を求める人が集まる場所ゆえに、このエリアが選ばれたという。

構造は1階にコクヨオリジナル商品とセレクト商品を展開するライフスタイルショップ兼カフェ、2階はワークショップなどを開催できる多目的スペースとプロジェクトルームで、3階は企画開発を行うコクヨのオフィスとなっている。

各階の機能は完全に独立しているのではなく、3階のオフィスで生み出された企画を2階のプロジェクトルームで開発、ワークショップやポップアップショップを展開して商品を検証し、1階のライフスタイルショップで一般販売する。実店舗で販売することにより消費者の生の意見を聞き、それを元にまた新たな企画を考える。こうした循環により、社会のニーズに合致した商品開発を進める狙いもあるそうだ。

○どんなアイテムが並んでいる?

1階のライフスタイルショップでは、文房具を中心に多用途・多目的に使えるアイテムをそろえる。コクヨの定番商品である「キャンパスノート」や測量野帳がアップサイクルされていたり、鉄と紙でできた収納用品などが並んでいたりする。かと思えば、子供の頃に見たような懐かしい見た目のままの文具が、おしゃれな雰囲気に負けることなく陳列されている。

またコクヨ商品にとどまらず、グラスや革製品にアート作品など「仕事と生活の双方に刺激や発見をもたらすもの」をキーワードにしたこだわりのセレクト商品も多数取りそろえられており、文具好きでなくとも存分に楽しめそうだ。

同じく1階のカフェエリアでは三軒茶屋で焙煎を行っている「OBSCURA COFFEE ROASTERS」プロデュースのメニューを提供する。好みで選べる4種類のコーヒーを基本としたドリンクのほか、コロッケサンドなどのフード系や揚げパンなどのスイーツ系から選べるワンハンドスタイルのコッペパンサンドもいただける。

店舗奥のカフェスペースは中庭ともつながっており、ゆったりと座れる開放的な印象だ。仕事で千駄ヶ谷方面に行った際には、文具を見ながらここで一息ついてみてはいかがだろうか。

THINK OF THINGSの場所は東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1、営業時間は10時〜20時、定休日は毎週第3水曜日。