画像提供:マイナビニュース

写真拡大

マイナビは5月25日、就職活動経験(活動中含む)のある子供を持つ保護者を対象に実施した「2017年度就職活動に対する保護者の意識調査」の結果を発表した。同調査によると。8割の保護者が子供の就職活動に関心を持っており、6割強が就職環境は「厳しい」と考えているという。

同調査は、就職活動中(活動予定を含む)および2017年3月に卒業した就職活動経験のある子供を持つ保護者を対象に実施したもので、今年で3回目。調査期間は2017年4月9日から4月10日までで、有効回答数は1,000名。

結果は次の通り。まず、子供の就職活動に対して、8割(80.3%)の保護者が「関心(高い関心+関心)がある」と回答。前回調査(2015年1月)では69.5%で、2年前から10.8pt増加しているという。とりわけ母親の関心が高く、84.9%(前回:72.8%)が「関心がある」と回答し、父親の78.5%(前回:67.7%)を6.4pt上回った。

また家族の中で、子供と就職活動について最も多く話すのは「母親」(68.1%)で、「父親」(28.0%)を大幅に上回った。さらに、81.7%の母親が「子供と(よく+どちらかというと)話をする」(父親:57.5%)と回答しているとのこと。

続いて、就職活動についての知識を聞いたところ、59.2%の保護者が「(よく+そこそこ)知っている」と回答。「3月1日以降会社説明会が開催される」(56.3%)、「6月1日より選考活動ができる」(50.2%)といった回答が5割を超えた。また、就職環境については「(大変+多少)厳しい環境」(65.5%)が「(多少+かなり)楽な環境」(34.5%)を上回った。

さらに、保護者が望む子供の就職先についても聞いたところ、「経営が安定している」(44.0%)が前回(48.1%)同様最も多く、「本人の希望や意志に沿っている」(36.9%)、「本人の能力・専門性に活かせる」(28.4%)が続いた。また、子供の社会人としての今後について望むこと聞いたところ、「新卒で入社する会社で正社員として長く勤めてほしい」(52.8%)が最も多く、次いで「子供が決めたのなら、どんな働き方でもよい」(20.2%)だった。また、19.5%の保護者が入社式や内定式に「出席したい」と回答しているという。

このほか、57.2%の保護者が大学選択時に就職実績を「(かなり+ある程度)重視した」と回答(前回:53.0%)していることもわかった。最も重視したことは「学部ごとの就職率」と回答した保護者は34.6%(前回:32.7%)、次いで「学部ごとの就職先業界」が22.0%(前回:22.1%)だった。