ウルグアイ戦で負傷の小川航基、前十字靭帯断裂で離脱

写真拡大

日本サッカー協会は25日、「U-20ワールドカップに出場している日本代表メンバーから、小川航基が離脱する」と公式発表した。

先日行われたグループステージ第二節のウルグアイ戦で0-2と敗北してしまった日本代表。

さらにその試合途中にはエースストライカーの小川航基が負傷し、ピッチを離れることを余儀なくされていた。

診断の結果、小川の状態は左膝前十字靭帯断裂および左膝半月板損傷であることが確認され、今後の大会に出場できる可能性は失われた。

小川はこのままメンバーを離れると共に、グループステージが終了する28日に日本へ帰国する予定となっている。