書きたい本、書ける本が見つかる5つの輪

写真拡大

自分ではおっちょこちょいだと思っていても、周りにはしっかり者だと頼られていたり、自信のないことを褒められたり……そんな経験はありませんか? 一度とことん自分を客観視すると、真の本のテーマも見えてきます。

専門分野はテーマのほんの一部分

「戦略」とは、あなたの夢です。
「戦術」とは、夢を達成する方法です。出版はそのひとつです。
そして、「戦法」とは、本のテーマのことです。
ほとんどの作家が自分の「専門分野」に焦点を当てて本を書いていますが、それはあなたが持っているテーマのほんのひとつにすぎません。

過去、現在、未来のあなたを分析する

テーマをより簡単に見つけ出す方法があります。
それは、あなた自身の人生を振り返り、客観的に分析することです。
私たちは、過去、現在、未来と、3つの異なる軸を持っています。
それを分解したのが「書きたい本、書ける本が見つかる5つの輪」です。 

あなたの軸を見つけてくれる5つの輪

過去の輪は、「お金」と「時間」です。
現在の輪は、「専門性」と「ネットワーク」です。
未来の輪は、「ライフワーク」です。
では、5つの輪からどうやって本のテーマを探したらいいのでしょうか?

過去の輪 _燭飽貳屬金を使ったか?

【時間】……私たちはものを買ったり、サービスを受けたりするとき、そこにお金以上の価値を見出しているわけです。お金の輪が出版につながった例としては、サッカー選手のフィギュアを買い続けた人が、その写真集を出版して売れたことがあります。

過去の輪◆_燭飽貳峪間をかけたか?

【時間】……時間をかけることも価値の変換です。
私たちは人生で一番貴重な時間よりも価値があると思って何かに熱中しているわけです。
ですから、映画評論家は映画の本が出せるし、料理研究家は料理の本を出すことができます。

現在の輪 特技や趣味、職業、出自の特徴は?

【専門性】……職業の他に特技や趣味があります。免許、免状、資格、認定なども含まれます。
先祖代々の職業も、生まれ育った土地も専門性の輪に入ります。
私が出版をお手伝いした本に『南の島で、暮らそうか!』(バンガートめぐみ 角川書店)があります。
「沖縄の離島生まれ」というだけでも本のテーマになるのです。

現在の輪ぁー茲蟯く情報と人脈は?

【ネットワーク】……ネットワークは、「情報」と「人脈」にわかれます。
あなたはどんな情報を受信しているか、発信しているか?
どんな人たちとつきあっているのか? それが本を書くテーマとなります。

未来の輪ァ,笋蟷弔靴燭藥爐佑覆い海箸蓮

【ライフワーク】……あなたが「一生続けていくこと」です。
また、「これをやり残したら死ねないこと」です。その思いが魂のこもった本を作ります。

こだわりと価値観が浮かび上がる

なぜ、5つの輪を書き出すだけで本のテーマがわかるのでしょうか?
それは、あなた自身の「こだわり」と「価値観」が客観視できるからです。
5つの輪は、あなたの人生の「パノラママップ」であり、
あなたの中に眠っている才能を発掘する「宝の地図」なのです。

【まとめ】

・過去、現在、未来と、3つの異なる軸を分解すると、書きたい本、書ける本が浮かび上がってきます。
・5つの輪は、お金・時間・専門性・ネットワーク・ライフワーク。
・自分を客観的に把握することで、眠っている才能が発掘されるなんて、嬉しいですね。さっそく5つの輪をひもといて、宝物を見つけてみませんか?

★ 参考図書『本を出したい人の教科書』
著者:吉田浩(よしだ・ひろし)