キョン・スジン、ドラマ「メロホリック」ヒロインに抜擢!東方神起 ユンホと呼吸を合わせる

写真拡大

女優のキョン・スジンが「また!?オ・ヘヨン〜僕が愛した未来(ジカン)〜」を手掛けたソン・ヒョンウクプロデューサーの新作ドラマ「メロホリック」に出演が確定した。

25日、キョン・スジンの所属事務所Starhausエンターテインメントの関係者は10asiaに「キョン・スジンの『メロホリック』出演が決まった。現在撮影を控えている」と述べた。

「メロホリック」は、「また!?オ・ヘヨン〜僕が愛した未来(ジカン)〜」「内省的なボス」のソン・ヒョンウクプロデューサーの次期作で、主演は東方神起のユンホが務める。

本ドラマは、他人の考えが読める超能力者ユ・ウンホ(ユンホ) とキョン・スジンが出会い巻き起こるロマンティックミステリーコメディーだ。

キョン・スジンは、ハン・イェリ役を演じる。ハン・イェリは二重人格のせいで、恋愛もできず苦労している、恋のできない女だ。

キョン・スジンはドラマ「九厄少年」、「青い鳥の家」、「恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ〜」、映画「王様の事件手帳」など、テレビとスクリーンで活躍中。最近SBSバラエティ「拳を握って汽笛」に出演し、気さくな一面を見せて注目を集めた。

ドラマ「メロホリック」は5月末から撮影に入る。