藤原竜也の“クズぶり”を比較!ソネ様と清丸の違いとは

写真拡大

藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たした映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』(6月10日公開)。藤原演じる曾根崎雅人のクズぶりが話題を集めているため、同じくクズ役を務めた映画『藁の楯 わらのたて』の殺人犯・清丸国秀役と比較してみた。

入江悠監督が手がける『22年目の告白−私が殺人犯です−』は、1995 年、残忍な手口で5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人事件の犯人が、事件から22 年後、自身の殺人を告白した本の出版記念会見を行うという前代未聞の衝撃的な展開から始まる。「被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつける」残忍な犯行を繰り返した殺人犯・曾根崎雅人は、出版した殺人の告白本「私が殺人犯です」を手に会見や握手会、TV 出演とキャンペーンを展開する。そんな犯人を22 年間追い続けてきた刑事・牧村航(伊藤英明)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道、SNS により美しい容姿とともに拡散された曾根崎は日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく……。

まず、清丸と“ソネ様”こと曾根崎が起こした殺人事件で比較。清丸は幼女殺害事件の罪で服役し、出所後、また幼女を暴行の末に殺害するという残忍な事件を起こした。一方のソネ様は22年前に、5人の命を奪った連続殺人事件の犯人。しかも無差別に殺すだけではなく、殺人における“3つのルール”があった。それは「被害者を後ろから縄で締め上げること」「その瞬間を被害者に最も親しい人間に見せること」「自身の犯行を証言させるため目撃者をあえて殺さないこと」。さらに5つの殺人事件について「“快感”を感じていた」と堂々と日本中に公言する。これだけでも清丸は人間のクズだが、ソネ様はサイコパス的クズと言える。

続いて、世間からの目はどうだろうか。清丸は「清丸を殺した者に懸賞金10億円を出す」と発表されたことから、日本中から命を狙われる存在になる。誰もが10億円を手に入れるため、あらゆる手を使って命を狙い、警察内部の人間も信用できないような混乱が起きるのだった。対するソネ様は、22年前の事件からずっと身を潜め、時効を迎えた後、告白本「私が殺人犯です」の出版会見を開き、日本中の注目を集める。これに対しソネ様は、スーツ姿の美しい容姿に誰もが魅了され、告白本は初版30万部で増刷、ソネ様のLINE スタンプが発売されるなど、殺人犯なのに日本中を虜にするカリスマ性を持っている。人間のクズである清丸に比べ、カリスマ性を持ち人々を熱狂させるソネ様。同じ殺人犯でも対照的な姿が面白い。

そして事件の被害者に対してはどんな行動を取ったのか。どちらも反省していないことには変わりないが、清丸は死刑を宣告された法廷で「どうせ死ぬなら、もっとやっておけばよかった」と言い放ち、全く反省の色を見せないクズさを発揮。一方のソネ様は言葉だけではなく、被害者遺族にとって最も残酷な行動を起こしていく。それはなんと22年前に妻を殺した山縣医師の元へメディアを連れて会いに行き、「22年前、先生の目の前で奥様を殺したのは私です」と土下座のパフォーマンスをすることだ。山縣医師にとっては法で裁けなくなった犯人が、反省のない謝罪をし、さらにその映像が本の売り上げのために利用されるとは耐えられない仕打ちだろう。遺族の気持ちを全く考えないクズさを見せている。

そんなクズを演じてきた藤原に対しては、Twitter上で「さっき藤原たつやが“はじめまして、私が殺人犯です”って言ってるポスターを見かけたんだけどあなたが殺人犯であることに初めまして感は特に無い」といった投稿があり、5万リツイート以上もされるなど話題を集めている。藤原演じるソネ様のクズぶりを、ぜひ劇場でチェックして欲しい。

■『藁の楯 わらのたて』
Blu-ray 1,714 円+税/DVD 1,143 円+税
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント