左膝に重傷を負った小川の離脱が決定。日本はこの絶対的エースを欠いて、今大会を戦うことになった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 U-20日本代表のFW小川航基が、左膝靭帯断裂、および半月板損傷と診断されたことが明らかとなった。

 同選手は、5月24日に行なわれたU-20ワールドカップ・グループリーグ第2戦のウルグアイ戦で左膝を負傷。プレー続行不可能となり、20分に久保建英との交代を余儀なくされていた。

 現時点で全治は不明。グループリーグ第3戦のイタリア戦まで帯同し、5月28日に帰国する予定だという。なお、大会のレギュレーションにより追加招集は不可能となっており、日本は登録メンバーより1名少ない20名で今大会を戦うことになる。