沖縄出身シンガー上間綾乃、新作に“唄い継いでいかなければならない民謡”

写真拡大

聴く者の心を揺さぶる沖縄出身のシンガー・上間綾乃が、メジャーデビュー5年目を迎える今年、5枚目のアルバム『タミノウタ〜伝えたい沖縄の唄』を発売する。このたび、同アルバムの詳細が発表となった。

◆アルバム『タミノウタ〜伝えたい沖縄の唄』 ジャケット画像

今作は、三線の弾き語りとピアノサウンドを中心とした新録曲9曲と、旧作からの7曲で構成される。その中には、広く親しまれている「てぃんさぐぬ花」「安里屋ユンタ」「さとうきび畑」などの沖縄民謡をはじめ、THE BOOMのヒット曲「島唄」の旋律に沖縄の歌詞をつけた「島唄 南の四季」等を収録している。

さらには、戦争が終わってもなお続く捕虜の悲痛な心情を今に伝える「PW無情」、ひめゆり学徒隊を切々と描いた数え唄「ひめゆりの唄」など、唄者・上間綾乃にとって使命とも言える、唄い継いでいかなければならない大事な民謡も初収録されるという。

先人たちの想いを継ぎ、沖縄から届ける、時代時代の想いを未来へと唄い継いでいく民の謡(たみのうた)。これまでの上間綾乃の活動を詰め込んだ、まさに集大成ともいえるアルバムが完成したもようだ。

なお、同アルバムを引っさげたライブハウスツアーが東名阪で行われることも発表された。6月上旬よりチケットが発売される予定となっている。

■アルバム『タミノウタ〜伝えたい沖縄の唄」
2017年6月21日発売
COCP-39983 ¥2,800+tax
日本コロムビア

[収録内容]
1.島唄 南の四季 ※
2.月ぬ美しゃ ※
3.童神
4.悲しくてやりきれない
5.PW無情 ※
6.ひめゆりの唄 ※
7.さとうきび畑 ウチナーグチver.
8.安里屋ユンタ
9.道端三世相〜創作舞踊「辻山」より
10.夢しじく ※
11.恋ぬ花 ※
12.サーサー節 ※
13.てぃんさぐぬ花
14.ヒヤミカチ節
15.デンサー節 ※
16.えんどうの花 ※
※=NEW RECORDING

<RECORDING MUSICIANS>
Arrangement & Piano & Rhodes:園田 涼
Guitar & Violoncello:伊藤ハルトシ/Percussion:notch

<上間綾乃LIVE 2017〜タミノウタ>
■8/7(月)大阪・Billboard Live OSAKA
■8/9(水)名古屋・NagoyaBlueNote
■9/5(火)東京・COTTON CLUB

チケット購入の詳細は、6月上旬、日本コロムビアHP・上間綾乃ページにて掲載
http://columbia.jp/uemaayano/