西川周作【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が25日、都内で記者会見を行い、ロシアワールドカップ最終予選に向けた代表メンバーを発表した。GKでは浦和レッズの西川周作が落選し、柏レイソルの中村航輔が選ばれている。指揮官が今回の選考について語った。

 ハリルホジッチ監督は今回、西川と林彰洋を招集しなかった。その理由を「現在の彼らのパフォーマンスにあまり満足していない」と述べている。

 そのかわりに招集されたのが、22歳の中村だ。もともとは「5番目くらい」の評価だったが、「ここ最近、素晴らしいクオリティを見せている。柏は今(J1で)2位だが、彼のパフォーマンスによるところも大きい」と高く評価し、「GKに関してもフィールドプレーヤーに関しても、パフォーマンスがよければメンバーに入る」ことをアピールした。

text by 編集部