近い将来に韓国が「世界一の長寿国」に?

写真拡大

 今年2月、世界的に権威あるイギリスの医学誌『ランセット』に衝撃的な論文が掲載された。

 英公立研究大学「インペリアル・カレッジ・ロンドン」と「WHO(世界保健機関)」が世界35か国の寿命などを調査・分析。その結果、2030年に韓国が「世界一の長寿国」になると予測したのだ。男性は84.07歳で、女性は90.82歳だ。

 一方、「長寿大国」としてランキングトップに長く君臨してきた日本は女性(88.41歳)が韓国、フランスに追い抜かれ3位。男性(82.75歳)は現在の5位から11位に転落すると予想されている。

 韓国では、2010年に国民に塩分を抑えた食生活を呼びかける「減塩キャンペーン」を大々的に展開したり、近年は肥満予防や禁煙を呼びかける官製キャンペーンが繰り返し行なわれたりするなど、国民の健康意識は年々急速に高まっているという。

 また、医療制度の「近代化」も寿命の延びを下支えしている。韓国の医療保険制度は日本より約50年遅れて1977年施行。国民皆保険制度が実施されたのは1989年だ。

 公的保険が整備される一方で、韓国では国民の9割近くが民間医療保険にも加入しているという。日韓の社会保障政策に詳しいニッセイ基礎研究所・准主任研究員の金明中氏が話す。

「民間保険で加入率が高いのは、公的医療保険が利かない自由診療の費用や差額ベッド代などをカバーする『実損填補型保険』です。この保険が普及している理由の1つが、韓国では患者の自己負担割合が平均35%以上と高いことです。さらに保険の利かない診療と組み合わせた混合診療も認められているため、保険適用外の診療部分を民間保険でカバーしようと考える人が多いのです」

 1990年代から韓国は医療保険制度が整備され、さらに健康志向も上がったことで平均寿命を押し上げたのだろう。

 気になるのは、日本が大きく順位を下げる理由である。論文の作成メンバーであるジェームズ・ベネット博士によれば、理由の1つは「食生活の変化」が挙げられるという。

「日本では以前よりも高血圧患者が増加し、BMI(肥満指数)のバランスも悪くなっています。これは食文化が変化してしまったためではないでしょうか。成人病の発症リスク上昇など、将来的な平均寿命の引き下げを生んでいると考えられています」

 これに補足説明を加えるのが、桜美林大学名誉・招聘教授の柴田博氏(医学博士)である。

「私は20年前から“日本人の平均寿命はいずれ延びなくなる”と指摘してきました。その理由は『栄養不足』という至ってシンプルなものです。誤解している方も多いですが、栄養不足は寿命に直結する重大疾患です。いまや日本人のカロリー摂取量は終戦直後よりも低いのが現実です」

 日本人の1日の平均カロリー摂取量は1950年に2098キロカロリーだったが、2014年には1863キロカロリーにまで低下している(厚労省・国民栄養調査より)。ちなみに米国は1日平均3000キロカロリーを超え、中国などの東アジア諸国も日本の数値を超えているという。

「低下した理由は、最近の行き過ぎた“健康圧力”によるものです。『炭水化物抜きダイエット』やメタボ健診などの言葉とともに健康志向が過剰に作用し過ぎている面があります。

 本来健康体でいるのは1日2000〜2200キロカロリーが必要です。日本人は1980年には2084キロカロリーを摂っていましたから、このレベルを維持していれば日本の平均寿命はもっと延びていたはずです」(同前)

 柴田氏によれば、韓国人の1日の平均カロリー摂取量は約2200キロカロリーで、「理想に近い」という。

 韓国料理は「薬食同源」を基本にしているといわれるが、カロリー摂取量からみると韓国が平均寿命で世界トップになるのは不思議でなさそうだ。

※週刊ポスト2017年6月2日号