マイクロソフトの「MR」がSFの世界を実現化する! 4万円で誰でもMR体感できる時代がやってくる衝撃とは

写真拡大

今、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)の技術を利用した製品が続々と登場する中、ここ最近でもっともインパクトがあったのが、MR(複合現実)を利用したマイクロソフト「HoloLens」(ホロレンズ)の登場だ。

「HoloLens」は、国内でも、今年のはじめに開発者向けの発売が開始されたが、価格は30万円以上と高額だった。

ところが、AcerがMRを誰もが体感できる価格4万円(税込)でWindows Mixed Realityに対応するHMD(ヘッドマウントディスプレイ)「Acer Windows Mixed Reality Headset」を製品化したのだ。


○MRってどんなもの? V R、ARとの違いとは
マイクロソフトの「Windows Mixed Reality」は、VRやARではなく、MR(複合現実)と呼ばれる技術だ。まずは、それぞれの違いを確認しておこう。

VR(Virtual Reality)……仮想現実。CGや映像などにより、現実ではない仮想世界に没入させる技術。視野を完全に覆うHMDなどを装着することで、ゲームや離れた場所の世界を仮想的に体験できる。

AR(Augmented Reality)……拡張現実。現実世界に映像などのデジタル情報を重ねて表示する技術。スマートフォンのカメラを利用したり、透過型のHMDを使用したりする。人気ゲームアプリの「Pokemon GO」もARの技術を採用している。

MR(Mixed Reality)……複合現実。現実世界にデジタル情報を重ねるだけでなく、現実世界とデジタル世界が融合したかのように表示する。たとえば、現実の机の向こう側にゲームキャラクターを表示したり、部屋の窓をスクリーンに見立てて情報を表示したりできる。

マイクロソフトのHoloLensがMRを実現できるのは、単に映像表示やサウンドの技術を搭載するだけでなく、周辺環境を認識するためのセンサーを搭載しているためだ。
これにより、現実にある部屋の空間情報を再現したり、ユーザーのジェスチャーに反応したりできる。

たとえば、空間にゲームやアプリのメニューを表示して、ユーザーが指先や手の動作で選択したり、操作したりすることも可能なのだ。

MRの中では、SF映画の世界のようになる。
つまり、現実世界の景色に、デジタル世界のグラフィックを重ね合わせ、その両方をHMD内で見ることができる。さらに、現実世界の空間内でのジェスチャーで、操作したり、選択したりすることができるのだ。


○HoloLensやPSVRとはどこが違う?
Acerは、「Acer Windows Mixed Reality Headset」を8月から開発者向けに発売することを発表した。HoloLensよりも約10分の1の価格となっているのは、PCと有線接続する必要があるためだ。

HoloLensはHMD内にPC機能を搭載し、単体で動作が可能となる。
一方、Acer版はUSB 3.0とHDMIでPCに接続する必要がある。

別途必要とされるPCも、CPUはIntel Cori I7(デスクトップ向け6コア以上)、グラフィックカードはNVIDIA GEFORCE GTX 980/1060など、かなりのハイスペックだ。

ケーブル接続のわずらわしさがあるが、そのぶん、本体重量は軽くなっているのがメリットだ。
HoloLensの579gに対し、Acer版は350gだ。
それぞれ、加速度、ジャイロ、方位などのセンサーを搭載するほか、環境認識のカメラやスピーカーなどを搭載する。

ちなみに、国内で一般販売されているVR製品では、PSVR(PlayStation VR)がある。
人気も話題性もあり、常に品薄の状態になっている。
こちらは、視野を完全に覆うVRの世界を表現するためのHMDだ。

MRの世界を実現するHoloLensやAcer Windows Mixed Reality Headsetとは異なるジャンルの製品で、MRで必要な空間認識のためのカメラなどが搭載されていない。

Acer Windows Mixed Reality Headsetの登場により、本体の価格面ではマイクロソフトのMR技術がぐっと身近になったといってよいだろう。

とはいえ、注意点もある。
MRやVRの表現には、高性能なCPUやグラフィックボードが必要となるため、ハイスペック=高価格なPCでなければ利用できないということだ。これは知っておく必要がある。

しかし、PCのスペックは日々向上するため、MRやVRも低価格なPCで実現できるようになるだろう。
また、マイクロソフト「Windows Mixed Reality」対応デバイスへの参入を予告するメーカーも、HP、Dell、Lenovo、ASUSなど、増えているため、価格競争による低価格化も期待できる。

ほとんどSF映画のような世界を実現できてしまうMRの世界は、確実に身近になりつつある。