村田諒太の世界戦で密かに決意していたこと

写真拡大

 先日の決算説明会で「業績不振は明らかで、視聴率のアップと営業収益の改善が喫緊の課題」とフジ・メディア・ホールディングスの日枝久会長が話したとおり、低迷から抜け出せずにいるフジテレビ。ドラマもバラエティも低視聴率にあえぐなか、5月20日(土)の『村田諒太 世界初挑戦〜ボクシングフェス2017 SUPER 2DAYS』は平均視聴率17.8%を記録した。フジテレビにとって、久しぶりの明るい話題だ。

 ロンドン五輪金メダリスト・村田諒太とWBAミドル級暫定王者・ヌジカムの世界タイトルマッチ中継は、瞬間最高視聴率で23.2%という高い数字を叩き出した。この結果に大喜びしているのはもちろん、フジテレビ関係者だ。

「久しぶりに日曜夕方の『サザエさん』より高視聴率の番組を出せました。会社が苦しい時期にも関わらず、村田諒太を、ボクシングを信じて中継を続けてきて、本当によかった。この先、村田の試合中継がフジテレビでできるかどうかはわからないですが、この高視聴率は素晴らしい試合を中継できたことの証明だと思います」

 プロデビュー後の村田には、日本人2人目のボクシング五輪金メダリストがプロでも世界チャンピオンになるための強力なバックアップ体制がとられていた。電通、フジテレビ、帝拳プロモーションに、パッキャオなど世界的ボクサーのマッチメイクを担当する米国のトップランク社など、世界でも一流のスタッフが集まりプロジェクトをすすめ、その集大成が20日のWBA世界ミドル級王座決定戦だった。このプロジェクトはいったん終わるため、今後も引き続きフジテレビが村田の試合中継を続けるかどうかは未定だ。

「世界タイトルをとれなかったことは残念ですが、欧州でも放送された試合は高評価で、村田の世界タイトルマッチがまた組まれるのは間違いないでしょう。もうテレビで世界タイトルマッチ中継しても、そんなに見てもらえないかもしれないという不安もあったのですが、真剣勝負の面白さは不滅で、多くの人が関心をもって見てくれることがわかりました。会社もきっと、中継を続けようとゴーサインを出すはずです」(前出・フジテレビ関係者)

 ボクシング関係者がこの中継を前に、口には出さないがかなり意識していた番組があった。無料インターネットTV「Abema TV」が1周年記念企画として5月7日(日)に放送した『亀田興毅に勝ったら1000万円』だ。視聴者数が1420万人にもおよびサーバーが落ちて中継が見づらくなるほどで、後日、亀田みずから「視聴率40%級」というほどの反響を呼んでいた。

「世界チャンピオンだった元プロボクサーが、素人を相手にボクシングをするバラエティ番組と世界タイトルマッチを同列に語るのもおかしな話なので、口に出す人はほとんどいません。でも、中継に関わる誰もが『亀田のバラエティを超えるぞ』と思っていたはずです。試合後の反響の内容を見聞きする限り、超えられたと思います。スポーツの生中継は、まだまだテレビ放送のほうが強いですね」(スポーツ紙ボクシング担当)

 村田の試合の翌日、21日(日)は同じくフジテレビは井上尚弥と八重樫東のダブル世界戦が中継された。平均視聴率では『世界の果てまでイッテQ!』(21.0%)には及ばなかったが9.7%と、その日のフジテレビ最高視聴率だった『サザエさん』の12.6%に次ぐ数字を残した。ちなみに、20時からAbema TVでは『亀田興毅に勝ったら1000万円 裏側全告白スペシャル』も放送されたが、試合をしたサーバーがダウンするほどの視聴者数は得られなかったようだ。

 5月7日放送の『亀田興毅に勝ったら1000万円』はアクセス殺到にサーバーが耐えられず、視聴できなくなった人が続出した。Jリーグはこの春からすべての試合が有料インターネットTVの『DAZN』で中継されているが、アクセスが集中するとライブ配信が止まるなどの不具合が発生し、視聴者による苦情がネット上にあふれた。インターネット中継は、どうしても不安定さがつきまとう。それらに比べると地上波のテレビ中継はずっと安定している。

 フジテレビ復活の糸口は、生中継へのこだわりにありそうだ。