「推理の女王」クォン・サンウ、殺人の濡れ衣を着せられ捕まる

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
クォン・サンウが結局警察に捕まった。殺人の濡れ衣を晴らすことができなかった。

24日に放送されたKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」第15話では、真実に立ち向かうワンスン(クォン・サンウ) の姿が描かれた。

この日、ワンスンはチャン・ドジャン殺人事件の容疑者と目された。逃げたが、結局警察に捕まったのだ。

そんな彼をソルオク(チェ・ガンヒ) が慰めた。ワンスンに会いにきたソルオクは「私が救ってあげる」と大きな口をきいた。

ワンスンは「おばさんはこんなところに来るんじゃなない」と無愛想に言ったが、少し感動した様子だった。