ブルガリの輝きを纏ったセレブリティが、第70回カンヌ国際映画祭オープニングセレモニーに登場

写真拡大

2017年5月17日、いつの時代も「映画」と「女優」と蜜月な関係を築いてきたローマン ハイジュエラー「ブルガリ(BVLGARI)」のジュエリーを纏ったベラ・ハディッド、エミリー・ラタコウスキー、ユマ・サーマンが、第70回カンヌ国際映画祭 オープニングセレモニーのレッドカーペットに登場しました。

モデルで姉のジジ・ハディッドとともに大ブレイク中のベラ・ハディッド。ベラのデコルテには、“Italian art de vivre〜イタリア式美しい日々”に溢れる歓びを称えたブルガリの新作ハイジュエリーコレクション「Festa」より、180カラットのカボションカットのサファイアとダイヤモンドをあしらった最高峰のネックレスが輝きました。往年のゴージャスな女優を思わせるベラのエレガントな美しさとブルガリの輝きは注目の的に。モデルであり女優でもあるエミリー・ラタコウスキー。キュートでセクシーと話題のエミリーは、シンプルなパウダーピンクのドレスに、ヘリテージとハイジュエリーコレクションのネックレスをレイヤードに重ね、「セルペンティ」と「ミューザ」のリングをあわせて。比類なきデザインと圧倒的なボリュームを備えたブルガリのラグジュアリージュエリーが、エミリーの美しさに輝きをプラスしていました。
本年度、「ある視点(Un Certain Regard)」部門の審査員長を務めるハリウッド女優のユマ・サーマン。ユマは大胆なVカットのネックラインが印象的なペールピンクのグラマラスなドレスに、「セルペンティ」のネックレス、ブレスレットとダイヤモンドのスタッズピアスをコーディネート。ハリウッド女優にふさわしい装いと輝きに魅せられました。

画像はすべて、Photo Credit Getty Images

マイナビウエディングプレミアムジュエリーでは、スクリーンの内外を問わず、才能とカリスマ性を備えた時代を彩るスターたちに愛され続ける「ブルガリ」のブランドストーリーや名品、婚約指輪、結婚指輪をご紹介中です。イタリアン・ロマンスを感じさせるブルガリのブライダルジュエリーは、世界中の花嫁の憧れ。格調高いブルガリの婚約指輪、結婚指輪をぜひご覧ください。