FIESTAR イェジ、ソロ曲「Anck Su Namum」MVを公開…自身の偏見を壊す痛快な歌詞に注目(動画あり)

写真拡大

FIESTAR イェジのソロ曲「Anck Su Namum」が発売された。

FIESTARのイェジは24日午後6時、全音楽配信サイトでソロ曲「Anck Su Namum」を発売し、カムバックを知らせた。

今作は繰り返されるフックやイェジの鋭いラップが際立つムーンバートンリズムのトラップ曲だ。チャン・イジョンとNANOが作曲を手がけ、シンサドンホレンイ(S.TIGER) とイェジが共にアルバムの共同プロデュースを担当した。

「Anck Su Namum」は悪人と知られているが、悪人と解釈できる根拠のない古代人物アナクスナムンの説話をベースに、イェジが自身に対する偏見を一気に壊す痛快な歌詞をカリスマ性あふれる楽曲に仕上げた。

「確かなのは理由なき叱咤や暴力が今の私を作った」「私が早くラップをしても遅くラップをしてもなんと言っているか全部聞こえる。歌詞だけ読んで息切れするのは私ではなく君だから君だけ癪にさわる」「どん底から今まで軽く得たのは1つもない。遅まきながら生じたマナーも同じ」「早く気づいたんだ。主人公はいい。私は悪役にする。悪口言われるよ。私が生きたい通りに生きるよ」など、自身に注がれる視線に対してすべて言う歌詞が印象的だ。

一緒に公開されたミュージックビデオで、イェジはラップとパフォーマンスを同時にこなす。セクシーでガールクラッシュ(女性から見てもカッコいい女性) を感じることができるイェジのユニークなコンセプトは、ミュージックビデオ全体を彩る。

イェジが今回の新曲で“パフォーマンス型ラッパー”になれるか関心が高まっている。