画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●ワイヤードだけど気になる入門機

HTCは5月25日、VRヘッドセットの最新モデル「HTC Link」を発表した。ここでは、一足早く最新ギアを体験したレポートをお届けしよう。

HTC Linkのパッケージ構成は、VRヘッドセットと、両手に持って使う2つのWi-Fiコントローラー、そして1台のカメラだ。VRヘッドセットの額の部分と2台のコントローラーに搭載されているLEDライトの位置情報をカメラがキャプチャして認識。6つの方位情報をリアルタイムに測定しながらコンテンツの中にプレーヤーを定位させ、モーションを反映する。

ヘッドセットだが、ハイスペックなWindows PCとのHDMI接続を必要とする「HTC Vive」に対し、HTC LinkはUSB Type-CケーブルにスマホやPCなどを接続して楽しむワイヤードスタイルだ。スマホ側に求められる条件は、プロセッサにクアルコムの「Snapdragon 835」シリーズ以降が必要と少し高め。条件を満たしていれば「HTC U11」以外のスマホでも使えるが、HTC Linkに対応するためのソフトウェアの書き換えが必要になるそうだ。

「Gear VR」や「Daydream View」のようにワイヤレスではないが、ヘッドセット本体にスマホを合体する必要がないので、着けたときに頭が重くならないのがいい。電源も、ヘッドセット本体はケーブルで給電、コントローラーは乾電池を使う。HTCのスタッフによれば、「HTC U11」(バッテリー容量は3,000mAh)をフル充電にして、1時間ほどゲームをプレイしてもバッテリーは切れなかったという。

●「VR酔い」はしにくい印象

ディスプレイには、アクティブマトリクス方式の有機ELを採用する。試作機で短時間ながらゲームをプレイしてみたが、精彩な映像から得られる没入感の高さはHTC Vive譲りのハイクオリティだった。サウンドは本体側面にヘッドホンをつないで聞ける。

本機にも、HTC Viveと同じく、ヘッドセットを身に着けたままプレーヤーが歩き回れる「ルームスケールVR」のコンセプトが継承されている。使いはじめる前に、カメラに向かって正対して腰の位置に両方のコントローラーを構え、プレーヤーのポジションを読み込ませる「センタリング」という作業を済ませておく。

プレーヤーが動き回れる範囲は最大2.5メートル四方だが、もう少し狭い部屋でも安全にプレイできるようにする機能を設けた。セットアップの際に、部屋のサイズに合わせてコンテンツ画面にコンピューターグラフィックスによる「バーチャルウォール」を表示して、家具などとの衝突を防ぐ仕組みだ。HTC Viveのように、プレーヤーが歩く動作もVR空間の中に反映されるので、座ったままプレイするVRコンテンツよりもいわゆる「VR酔い」の影響が少ないことも特徴だ。筆者もVR酔いをしやすい質だが、HTC Linkのプレイ感には満足できた。

本機で遊べるゲームコンテンツはHTC Link専用となり、スマホやPC向けのマーケットアプリから有料・無料のタイトルをダウンロード販売する。デバイスの発売当初はHTC Vive向けタイトルを変換したものを含めて10タイトル前後からのスタートを見込む。

なおHTCでは、最新スマホの「HTC U11」と「HTC Link」の発売に合わせて、アニメーション作品『攻殻機動隊 ARISE』のキャラクターを前面に掲げたプロモーション活動にも力を入れていく。同社スマートフォン・コネクテッドデバイス部門のプレジデントであるChialin Chang氏は「先進的でサイバーな作品のイメージが、HTCのプロダクトが打ち出したい方向性とピタリと重なった。攻殻機動隊のキャラクターたちと積極的にコラボしながらHTCのユーザー層を広げていきたい」と意気込みを語っている。

HTC Viveは、ハイスペックなPCが必要だったり、室内にモーショントラッキング用のセンサーを2台セットしたりなど、本格的なルームチューニングを必要とする、やや玄人向けのVRデバイスだった。HTC Linkは、より簡易にVRが楽しめるギアとして、多くのファンに受け入れられそうだ。