「怪しいパートナー」ナム・ジヒョン、チ・チャンウクのもとを離れる

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「怪しいパートナー」のナム・ジヒョンがチ・チャンウクのもとを離れた。

24日に韓国で放送されたSBS水木ドラマ「怪しいパートナー」(脚本:クォン・ギヨン、演出:パク・ソノ) では、ノ・ジウク(チ・チャンウク) と一緒に暮らしていたウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン) が彼の家から出るシーンが描かれた。

この日、ボンヒはジウクに「私がおごる」とし、彼がスーパーのカートに入れた食材と生活用品を代わりに決済してあげた。続いて彼女はジウクの日常に必要だったナッツ類、コーヒーなどをいちいち片付けながら「眠れないからって毒酒(アルコール分の強い酒) は飲まないように」「ナッツ類は必ず食べるように」というメッセージを残した。

ボンヒは自身が泊まっていた部屋をきれいに片付け、出て行くという置き手紙を残して静かに家を出た。