【インタビュー】コンタラズ「これは世界滅亡後のヘヴィ・メタル」

写真拡大

近未来である2068年。人類は世界最終戦争に疲労困憊し、生存者は残酷な人間と変異した凶暴な生物の存在に苦悩しながら、放射能によって荒れ果てた原野の影で息を潜めながら生きていた。そこに照らす光は一切なく、暗闇だけが存在し、あるのは絶望だけの極限状態にあった。

しかし、コンタラズの登場によりその苦悩と闇がそれ以上酷くなることはなくなるであろう。戦士となるバンドと共に世界中のサヴァイヴァーへメッセージを届ける任務へと着手するのだ。希望のメッセージ、忍耐のメッセージを!我々は決して諦めない。我々は未来へと向かい生存し続けるのだ。黙示録的な未来へと向けて、バンドはあなた方を新たな世界へと招待する。そして、ソーシャル・メディア上で我々のライヴを観戦することができるのだ。この新しい世界のためにオリジナルとなる言語も用意した。それは我々が歌う中で聴くことができるであろう。

  ◆   ◆   ◆

ノルウェーからのダーク・メタル・クインテット、コンタラズがアルバム『ロンダモウ』でデビューを果たす。近未来的な作風の中にもアグレッシヴでキャッチーなメロディを封入し、プロデュースにはベヒーモス、メシュガー、イン・フレイムスで知られるダニエル・バーストランドを起用している。

今後ツアーを敢行するバンドのパフォーマンスはヨーロッパを中心に、夏のフェスでも目撃されることだろう。ノルウェーにあるヘルという小さな街から表れた注目のメタル・バンドだ。

──まずはバンド結成について教えて下さい。

コンタラズ:オレとギターのアーコンは以前から他のバンドでも一緒に活動していたんだ。FUEL FOR DISASTERというバンドだったんだけど、思うように活動することができなくなってきたから、彼と新しいバンドをスタートさせることになった。コンタラズのキャラを活かしながらね。それから2年が経過して、ようやくデビューとなったんだ。

──コンタラズというバンド名は…。

コンタラズ:俺の名前だよ。メインのキャラだからね。ディオ、オジー・オズボーン、キング・ダイアモンドと同じさ。

──レコーディングはいかがでしたか?

コンタラズ:求めていたサウンドに仕上げることはできた。何をやりたいのか?どのような物を創り上げるか?と俺達は明確なビジョンを持っていたが、ミキサー/プロデューサーであるダニエル・バーストランドが作業を開始すると、それがリアルなものとなって実現できた。マジックとも言えるような感覚だったな。作業では多くのことを学ぶことができたし、今後にも役立つと思う。とにかくダニエルはアメイジングなプロデューサーなんだ。

──どんなアルバムになりましたか?

コンタラズ:これは世界滅亡後のヘヴィ・メタル・アルバムなんだ。伝えるべき正直なメッセージと音楽が凝縮している。すべてのエナジーとクリエイティヴィティーを注いでユニークな世界を創り上げている。世界にひとつしか存在しない俺達独自の新しい言語で歌われているからね、新しいものが発見できるアルバムだと断言しておこう。

──あなたが影響を受けた音楽的背景はどのようなものですか?

コンタラズ:いろいろなものにインスパイアされているから簡単には言えないけれど、映画のサウンドトラックからは影響を受けたね。果てしないイメージが湧いてくるんだ。インダストリアル系のバンドは多く聴いてきた。デペッシュ・モード、ラムシュタインとかね。あとはディム・ボガー、イン・フレイムスキャメロット、ドリームシアターなんかにも影響されたな。他にも沢山あるけど、説明しきれないよ。

──最近のバンドで気に入っているバンドはいますか?