今秋の発売が見込まれる、有機EL(OLED)ディスプレイ搭載の「iPhone8」のものとされる新たな画像が、中国SNSのWeibo上で公開されました。

Touch IDは背面に。ベゼルレスではないデザイン

画像は2枚で、それぞれ3台のiPhone8と思われるスマートフォンが並んでいます。
 
1台のみフロント側が写っていますが、ベゼルがギリギリまで薄くなってはいるものの、ディスプレイが側面に回り込んだ「べゼルレス」のデザインではありません。
 
Touch IDはフロントディスプレイに埋め込まれておらず、背面のAppleのロゴの下に配置されています。またカメラレンズはこれまで繰り返し報じられてきたように縦に2個並んでいますが、LEDフラッシュはレンズとレンズの間ではなく、マイクの下側に位置しているようです。
 
Appleは最終的なデザインを決定するまでにいくつかのデザインを比較、検討しているといわれていますが、今回流出したiPhoneの画像もそうした候補のひとつなのかどうかは不明です。
 

iPhone8のカラーバリエーションは?

そして今回の画像で気になるのがカラーバリエーションです。画像が暗いためはっきりとはわかりませんが、1枚めは左がホワイト、中央のモデルは色が確認できませんが、右はジェットブラック、2枚めは左からシルバー、ゴールド、ブラック(マットなブラック)のように見えます。
 
この2枚の画像とは別に、同じくWeibo上で公開されたiPhone8とされる画像では、ブラック、シルバー、ゴールド、ホワイトの4色展開となっています。ただしこちらの画像ではTouch IDは背面にありません。
 

 
 
Source:9to5Mac,MobileXpose
(lunatic)