SUPER JUNIOR最後の軍入隊メンバーキュヒョン、いよいよ本日(25日)入隊…独特な別れの挨拶に関心集中

写真拡大

SUPER JUNIORのキュヒョンが、軍入隊の感想を明らかにした。

24日夜に韓国で放送されたMBC「ラジオスター」では、「今は“サブ”の時代! 2位だとからかわないで」特集が放送され、俳優チェ・デチョル、シン・ドンウク、お笑い芸人ホ・ギョンファン、SUPER JUNIORのイェソンが出演した。

本日(25日) 入隊するキュヒョンは、放送日を基準として「僕は皆さんにとって永遠の『ラジオスター』のMCでいたいが、明日(25日) から訓練兵チョ・キュヒョンになります」と話した。

キュヒョンは「ラジオスター」での経験について、「小さな笑いをお届けしようとしたが、(自分の発言により) 傷ついた方がいたとしたらその点は申し訳ないと伝えたい。たくさん学んだと思う。感謝している」と述べた。

また、「5年半ぐらい共にしてきた。僕の5年半にわたり水曜日の責任を負って、皆さんの水曜日の責任を負った」とした。キム・グラはこれを聞くやいなや、「準備したコメントか」と毒舌を飛ばした。

これに対し、まったく構わない素振りを見せたキュヒョンは「今の僕を作った、有難い番組」と言い、「これからは関心がない…」と冗談混じりで付け加えて笑いを誘った。