コン・ユ主演映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」9月1日より日本公開決定&特報映像解禁!

写真拡大 (全2枚)

第69回カンヌ国際映画祭を筆頭に世界156ヶ国から買い付けオファーが殺到、各国で圧倒的な大ヒットを果たし、世界規模で話題を席巻した超ド級ノンストップ・サバイバル・スペクタクル・アクション映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」(配給:ツイン) が、9月1日(金) より全国ロードショーすることが決定した。

映画批評サイト「ロッテントマト」では、脅威の96%! さらにアメリカでのリメイクも決定!!「パシフィック・リム」のギレルモ・デル・トロ監督、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のジェームズ・ガン監督をはじめ、世界の名だたる目の肥えた映画関係者も唸りまくった超大作だ。まさに世界の映画界を騒がせている一本が、ついに日本公開!

高速鉄道の車内で突如起こった感染爆発(パンデミック)。疾走する密室の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死。偶然乗り合わせたある父と幼い娘、妊娠中の妻とその夫、学生たち…果たして彼らは安全な終着駅にたどりつくことができるのか?



感染者を乗せ疾走する高速鉄道という意味での“新感染”であり、“この列車に乗ったら最期”という意味もあり、まさに作品の要素を体現した邦題に熱い声援が続いている中、この度、とにかく圧倒されまくる特報映像も解禁された。感染者と思われる男が駅員を襲う姿から、密室の列車内で感染が拡大。感染した女の姿、乗客を避難させる乗務員、娘を抱えて必死に走る男。次から次へと目が離せない、夥しい数の感染者が襲いかかってくる。最後は「シン・ゴジラ」の樋口真嗣監督より「激走! 爆走! 超ヤバイ!」と大熱狂のコメントまで、映像が流れる30秒間、思わず息が止まるほどのド迫力な映像に仕上がっている。

また、あわせてティザービジュアルも解禁! 樋口監督のコメントに加え、ヒャダイン(音楽クリエイター) と最上もが(でんぱ組.inc) から「初っ端から怖いよ! アレも怖いし人間も怖いよ! でも恐怖に打ち勝つのは愛なのだなー」(ヒャダイン)、「こんなにも感動する映画だったなんて! スリルだけでなく人間の醜さや、家族愛を感じられる映画でした 」(最上もが) と感動の声はもちろん、「緊張感も列車も終点まで止まらない心拍数上り方面な作品でした」と、鉄道BIG4の一人で電車好き芸人の代表格、ななめ45の岡安章介(お笑い芸人) や、元鉄道社員で俳優の田中要次より鉄道にかけたコメントも。さらに、大倉士門(モデル/俳優)、チョーヒカル(アーティスト)、北村一輝(俳優)、品川祐(お笑い芸人) など、一足早く本作に触れ合った旬のキーパーソンたちによる熱狂的なコメントが盛り込まれたビジュアルに仕上がっている。

世界大喝采&大熱狂! ブッチぎり大ヒット! 早くも2017年一番面白い映画という呼び声が高い、興奮と感動の大傑作だ。

■公開情報
「新感染 ファイナル・エクスプレス」
9月1日(金) より全国ロードショー

出演:コン・ユ(『トガニ 幼き瞳の告発』『サスペクト 哀しき容疑者』)、チョン・ユミ(『ソニはご機嫌ななめ』『三人のアンヌ』)、マ・ドンソク(『殺されたミンジュ』『群盗』)
監督:ヨン・サンホ「The King of Pigs」(2012年カンヌ国際映画祭監督週間正式出品)
2016年/韓国/118分/英題:Train to Busan/配給:ツイン
© 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights

<STORY>
高速鉄道の車内てで突如起こった感染爆発(パンデミック)。未知のウィルスに侵された者たちは凶暴化し始める。囚われれば死。生き残るためには、乗り続けなければならない。父と幼い娘、妊娠中の妻とその夫、学生たち…果たして安全な終着駅にたどり着くことができるのか? 時速300km超のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今始まる―――。 

■関連サイト
公式HP:http://shin-kansen.com/