@AUTOCAR

写真拡大 (全8枚)


フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、「ゴルフ」「ゴルフ・ヴァリアント」「ゴルフ・オールトラック」を約4年ぶりに刷新し、5月29日から発売する。

ジェスチャーコントロールが付いた、新型ゴルフ


新型には、新しい12.3インチ大型ディスプレイのデジタル・メータークラスター「Active Info Display(アクティブ・インフォディスプレイ)」を初採用。グラフィック表示になったメーターは、ドライバーの好みに応じて数種類のモードから選択できる。

ナビゲーションモードは、VW純正インフォテインメント・システム「Discover Pro(ディスカバープロ)」と連動したマップを大きく映し出すことで、視認性を向上。また、ラジオ・システムの「Composition Media(コンポジションメディア)」は、6.5インチから8インチに拡大、ナビゲーション・システムの「Discover Pro」も8インチから9.2インチへとサイズアップした。さらにジェスチャーコントロール機能を搭載し、スクリーンの前で手を左右に動かすだけで、ホームメニューの切り替えやラジオ選局などができるコンパクト・クラス初の機能だ。

また、同乗者がラジオや各メディアの操作、ナビゲーションの目的地検索ができるスマホ・アプリ、「Volkswagen Media Control(フォルクスワーゲン・メディアコントロール)」も5月29日から配信する。

渋滞時追従支援システム、初搭載

コンパクト・シリーズに初めて、渋滞時追従支援システム「Traffic Assist(トラフィック・アシスト)」を設定したのも大きなトピックだ。前後および横方向のクルマの動きを制御できるようになり、システムは限界内で自動的にステアリング操作と加速とブレーキングを行う。

さらに、全車標準装備となるプリクラッシュ・ブレーキシステム「Front Assist(フロント・アシスト)」には、新たに歩行者検知機能を追加したことで、一段と安全性を高めた。

エクステリア・デザインは、シャープに

外観では前後バンパーのデザインを刷新し、フェンダーの奥まで切れ込んだ新形状のヘッドライトを採用。スポーティでシャープな印象を与えている。

新採用したLEDヘッドライトは、自然光に近い光が明るく夜道を照らすようになった。リアは全車LEDテールランプを採用したことで、後続車両からの視認性を高め、安全性も向上。

さらに、LED テールランプには、ウインカーが流れるように光るダイナミック・ターンインジケーターをフォルクスワーゲンとして初採用している。

ゴルフGTI、ゴルフRは、パフォーマンス向上

スポーツモデルについては、エンジン出力を向上。「ゴルフGTI」は230ps(+10ps)、「ゴルフR」は310ps(+30ps)へと、それぞれパワーアップしたのは見逃せない。

新開発の湿式7速DSGを「ゴルフR」に初めて採用するなど、フォルクスワーゲンの走りの楽しさを伝えるモデルとしての魅力を高めている。なおAUTOCARでは、すでに新型ゴルフRの試乗をレポートしているので、あわせて確認して欲しい。

価格は、下記の通り。

モデル名パワートレイン価格
■ゴルフTSIトレンドライン 1.2ℓ + 7DSG 2,499,000円 
■ゴルフTSIコンフォートライン 2,799,000円 
■ゴルフTSIハイライン 1.4ℓ + 7DSG 3,259,000円 
■ゴルフGTI(MT) 2.0ℓ + 6MT 3,899,000円 
■ゴルフGTI(DSG) 2.0ℓ + 6DSG 3,999,000円 
■ゴルフR(MT) 2.0ℓ + 6MT 5,499,000円 
■ゴルフR(DSG) 2.0ℓ + 新開発7DSG 5,599,000円 
■ゴルフ・ヴァリアントTSIコンフォートライン 1.2ℓ + 7DSG 2,939,000円 
■ゴルフ・ヴァリアントTSIハイライン 1.4ℓ + 7DSG 3,399,000円 
■ゴルフ・ヴァリアントTSI R-ライン 3,599,000円 
■ゴルフRヴァリアント 2.0ℓ + 7DSG 5,699,000円 
■ゴルフ・オールトラックTSI 4モーション 1.8ℓ + 6DSG 3,599,000円