あれこれ悩んで選び抜いたプレゼントなのに、彼の反応がイマイチだとショックも大きいもの。だからこそまずは“男性がほしくないプレゼント”を知っておくことが大切です。そこで今回はに引き続き、「男性が彼女からもらっても正直困ってしまうもの」についてご紹介します!

1: 手編み系

気持ちがこもっているため、捨てるのも忍びないんだとか。

・ 「彼女から手編みマフラーをもらったことがあるけれど、すでにのび切っているし編み目はガタガタだし、とてもじゃないけれど使えそうになかった。でも一応彼女を喜ばせるために、3回は着用しましたね……」(31歳/営業)

・ 「明らかに失敗作なセーターやニット帽をもらっても、正直全然うれしくない。置き場に困るだけですね」(29歳/飲食)

「彼氏にプレゼントした世界にひとつだけの手編みセーターなのに、なぜかお笑い芸人が着用していた……」なんていう某フリマサイトのCMもありましたよね。彼の好みにピッタリ合ったマフラーやセーターを作れるのならいいのですが、そうじゃないのならあげないほうが無難。市販のものをプレゼントしたほうが、彼も普段使いできるはずですよ。

2: ペアグッズ

女性の憧れでもあるペアグッズ。でも彼の反応は……?

・ 「彼女から職場でもつけられるようにと、おそろいのキーホルダーをプレゼントされた。でもうれしいというよりも、束縛されているような恐怖を感じた」(27歳/メーカー勤務)

・ 「おそろいのTシャツを渡されたときはとまどいましたね。さすがにこの年齢でのペアルックはためらっちゃう」(33歳/食品)

どうやらペアルックは「恥ずかしい」「彼女から無理強いされるのはちょっと……」と引いてしまっている男性もいるみたいですね。ペアグッズは彼がプレゼントしてくれるまで待ちましょう!

3: 高級品

値段が高すぎるものは、彼もお返しに困ってしまうみたい。

・ 「高級腕時計をもらったときは、うれしさよりも『彼女の誕生日はなにをあげたらいいんだろう……』って気持ちが先にきましたね」(25歳/福祉)

高級品が必ずしも喜んでもらえるとは限りません! 彼がプレッシャーを感じないようなプレゼントを選ぶことも、彼女の役目かもしれませんね。

女性の趣味を前面に押しつけてしまうと、プレゼントもただの自己満足で終わってしまうよう。彼になにを贈ったらいいのかわからないときはサプライズにこだわらず、素直に「誕生日なにが欲しい?」ときくようにしましょう。
本当に欲しいものをもらったほうが、彼も長く使い続けてくれるはずですよ。