THE BAWDIES、JIMが右足負傷も椅子に座りツアーライブ続行

写真拡大

THE BAWDIESのギタリスト・JIMがライブ中に右足を負傷。このためJIMは、残るツアー公演を含む今後のライブでは椅子に座った形での演奏をすることが発表された。

JIMは5月21日の東京NHKホールでのライブ中に足を負傷。病院で診察を受けたところ、全治2か月の右足関節靭帯損傷との診断を受けた。幸いにもギターを弾くことに支障はないため、THE BAWDIESのツアー公演とライブ出演に関しては予定通り行うが、JIMの演奏は椅子に座った形になる模様。

現在JIMは治療に尽力しながらもリハーサルに参加しているとのことで、オフィシャルサイトでは「立って弾くことはできないのですが、いつも通り感情と感謝を込めて演奏します」「僕の分まで、踊って跳ねて下さい」と心配するファンへの謝罪と、これからも続くライブへの意気込みをコメントしている。

JIM コメント
JIMです、この度はお騒がせしてすみません。
立って弾くことはできないのですが、いつも通り、感情と感謝を込めて演奏しますので、
皆さんもいつも通り、心から楽しんで頂きたいです。僕の分まで、踊って跳ねてください。
もちろん、僕も心から楽しんでやらせて頂きます。
よろしくお願いします。

THE BAWDIES TOUR SCHEDULES
<NEW BEAT TOUR 2017 〜See The Rock !! Feel The Roll !!〜>
5月28日(日) 大阪 オリックス劇場
5月29日(月) 愛知 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
6月11日(日) 福岡 福岡市民会館

<NEW BEAT TOUR 2017>
6月8日(木) 長崎 DRUM Be-7
6月10日(土) 大分 DRUM Be-0
6月16日(金) 沖縄 桜坂セントラル

◆THE BAWDIES オフィシャルサイト