男性器移植成功もさらなる悩み

写真拡大

世界で3番目となる、男性器の移植手術が成功した。しかし、その“色”が新たな悩みを生み出しているという。

南アフリカのヴァンダーメルヴェ教授は、世界で最初に男性器の移植を成功させたこの道の権威。今年4月に割礼によって男性器を喪失した患者に移植手術を行い、無事に成功。すでに勃起も確認されるなど順調だったが、ひとつだけ問題があった。男性の肌は黒いが、ドナーのそれは白かったのだ。

患者は自身の男性器がないことでうつ病になっており、自殺を考えていたほどで、早期の移植が望まれていた。手術が成功して大きな喜びを感じたものの、次第に自分の肌の色とは違うことへの違和感を覚えるように。今後、医療用のタトゥーを入れる予定だが、それも多くの痛みと時間がかかるという。もともとドナーが少ない手術だからこそ起きた事例で、教授も「もっとペニスがあれば…」と臓器提供の増加を願っていると複数のメディアが伝えている。

ネットでは「心と股間が痛む話だ」「ドナーの男性器が小さかったりしたらそれも大きくしてくれるのかな」「結局アレの悩みは尽きないってことだ」「自分も大きいものを移植して欲しいと思っていたけれど、ちょっとやめておこう」といった反応が寄せられている。